ブルガリ、バーゼルワールド2019での″イタリアン・ルネッサンス″~歴史上最薄の「オクトフィニッシモクロノグラフGMT オートマティック」、「セルペンティセドゥットーリ」などなどの新モデルを発表!

 By : a-ls

ブレのないオリジナリティーを持つブランドといえば、みなさんそれぞれに名前を挙げられるかもしれないが、思えばここ数年のブルガリの姿勢こそ、その最たるものと言えるのではないだろうか。

「オクト」という象徴的な造形をまといながら、そのスタイルには常に予想を超えた開発成果を内包し、そして、″薄さ″という記録を更新し続けているのだから。




プレスリリース書かれた以下の文章が、何よりも雄弁にその姿勢を語っている。


一世紀以上にわたり、ブルガリのデザインは次なるものを追求して参りました。恐れを知らないデザインで新しい領域に果敢に挑み、より大胆に、より美しく、より崇高に絶えず挑戦を続けてきたのです。今回もこのスピリットを優れたタイムピースで体現し、スイスウォッチメイキングの常識を覆す新しいルネッサンスの最前線に立ち、新作を発表するたびに現代ウォッチの常識を更新し続けています。
これは、バーゼルワールド20192つのハイライトである「オクトフィニッシモクロノグラフGMTオートマティック」(5度目の世界記録を樹立)、「セルペンティセドゥットーリ」のボーントゥビーゴールドコレクションについても言えることです。

 


ブルガリの最新デザインは尽きることのない創造力を擁し、このローマのハイジュエラーがもつ独自のヘリテージを活かしてアイコニックな現代のタイムピースを作り上げました。

「エッジィで高貴なイタリアのデザインを究極のスイスの技術・クラフツマンシップと融合させるパワー、これこそがブルガリのルネッサンスです。デザインと技術における真のレボリューションです。」

と、ブルガリ・グループCEOのジャン-クリストフ・ババンは語ります。 

「『オクトフィニッシモ』のストーリーは5目度となる世界記録(=ウォッチメイキング史上最薄の機械式クロノグラフの記録樹立)によって新たな頂点に達しました。最も革新的といえる点は、このウォッチがGMT機能付きの自動巻き、かつ3.3mmという記録的な薄さであることです。つまり、現存する自動巻きクロノグラフムーブメントの中では最薄です。精度と薄さを併せ持つムーブメントは、ブルガリのオーロオルロジュリにおける技術を見事に発揮しました。『オクトフィニッシモクロノグラフGMT オートマティックは』コレクションの第5のエレメントを表しています。つまり、「オクト」の精髄であるデザインと技術の完璧な融合を、驚くべき薄さのボディの中で成し遂げています。


円形でもなく正方形でもない「オクト」は発表以来、独自のスタイルを作り上げ、「フィニッシモ」コレクションでは、極薄ウォッチのトレンドを業界で起こす一端を担いました」 



では、ブルガリのバーゼルワールド20192大ハイライトである、「オクト」とレディースの「セルペンティセドゥットーリ」のボーントゥビーゴールド・コレクションのうち、まずは注目の歴史上最薄とされるクロノグラフ、「オクトフィニッシモクロノグラフGMTオートマティック」から見ていこう。





厚みというセクションにおいて、シリーズ5度目の世界記録(ムーブメント・3.3㎜厚)を樹立した「オクトフィニッシモクロノグラフGMTオートマティック」は、オーソドックスなクロノグラフ機能を表示するマニュファクチュールムーブメントに、9時位置のボタンで現地時間(ローカルタイム)をセット可能なGMT機能も搭載している。
出発地の時間(ホームタイム)は3時位置のサブカウンターの24時間表示によって昼夜がわかり、6時位置にクロノグラフ積算計、9時位置にスモールセコンドカウンターを配置している。


ペリフェラルローターを採用する自動巻き。




42㎜径・6.9mm厚・300m防水
価格は2,073,600円(税込)



さらに今年の「オクト」ストーリーは、"素材"というジャンルにも深く踏み込んでいく。
「オクトフィニッシモセラミック」がその代表格だろう。




なんと、ケース、ダイアル、ベゼル、リューズ、ブレスレット、ディプロイアントバックル、そのすべてがサンドブラスト加工を施したブラックセラミック製なのだ。



40mm径・5.5㎜厚・30m防水
価格1,846,000円(税込)


同じく「オクトフィニッシモスケルトン」もダイヤルがスケルトンなだけで、その他の部分は「オクトフィニッシモセラミック」同様にブラックセラミックを採用している。


40mm径・5.5㎜厚・30m防水
価格2,926,800円(税込)

これらのセラミックの2モデルの厚みはわずか5
.5㎜(ムーブメントだけだとセラミックが自動巻きで2.23㎜、スケルトンは手巻きで2.35㎜)! もはやこれが薄さの極限なのではないかとさえ思えるが、来年また想像の斜め上を行ってしまいそうなのがブルガリのポテンシャルと言えるだろう。


さて、2019年ブルガリは、現代的なデザイン、技術的革新、マイクロメカニカルな複雑性、ハイテク素材の使用などが際立たっているが、さらなるチャプターとして「オクトローマトゥールビヨンサファイア」という、セラミックと対をなすような新しいヴィジョンを捉えた新作も用意されていた。



サファイアによる驚異的な透け感に、エレガントに浮遊しているかのように見えるフライングトゥールビヨンを搭載。



サファイアに対し、差し色的なコントラストを成すブルーのキャリバーという革新的なモダン・デザイン。サファイアを通してケース内に溢れる透過光によって時計のメカニズムを堪能することができる。
PGケースモデルは限定50本。




44mm径・12.45厚・50m防水
価格8,240,000円(税込・チタンケース)、16,297,200円(税込・プラチナケース)、10,789,200円(税込・PGケース)


そしてもうひとつ忘れてはならないモデルがある。

「オクトローマグランドソヌリパーペチュアルカレンダー」だ。
このモデルは、1994年にルサンティエの工房でジェラルド・ジェンタの手によって製作された初代グランドソヌリの25周年を記念するもの。初代以降、ブルガリは90作以上のグランドソヌリ・ウォッチを発表しているが、この作品はまさにそのグランド・ソヌリ・ラインナップの頂点に君臨する作品といえる。



グランドソヌリ、プチソヌリ、ミニッツリピーター、トゥールビヨン、パーペチュアルカレンダー、ムーンフェイズ、ムーブメント、チャイム・パワーリザーブ表示を備えるキャリバーBVL980。
44mmのケースはカーボンCTP(カーボンシンプライ・中心部はカーボン製)で、しかも10m防水であり、1180もの部品から成るこのムーブメントが最高のサウンド・パフォーマンスを行うにふさわしい素材配合となっている。
価格は100,504,800円(税込)



いよいよ、レディース新作「セルペンティ」。
まずはものすごい人出となった、バーゼル開幕前日のプレスデイでの記者会見の模様から。



ここで、先述した「オクトフィニッシモクロノグラフGMTオートマティック」の史上最薄記録樹立と並ぶハイライトとして、絶大な人気を誇る「セルペンティ」ウォッチの最新進化形、「セルペンティセドゥットーリ」が発表された。



コンセプトは"ボーントゥビーゴールド"。
黄金になるために生まれてきた作品ということで、女性の生活のすべての瞬間に黄金の輝きを投じ、時間を貴重なものと感じさせるという意味合いを持つのだそうだ。



蛇をイメージさせる美しくも崇高なブレスレット、恐れを知らない唯一無二ののデザインで知られる「セルペンティ」の新コレクション、「セルペンティセドゥットーリ」は、オリジナルの持つアイコニックなドロップ型のヘッドをケースとして活かし、ヘキサゴナルパターンのブレスレットとリンクさせた前例を見ないデザインが特徴だ。

以下は実機画像。


また、ローマのジュエラーとしてのDNAを示すカボションカットのジェムストーンがあしらわれ、それらの統一感はまさに"ボーントゥビーゴールド"というコンセプトを体現している。



モデルには、ローズゴールド、イエローゴールド、ホワイトゴールド、ダイヤモンドパヴェのバリエーションがあり、当然ながら、シリーズ"最薄"の存在でもある。




記者会見に登壇したVIP。左から、ブルガリウォッチ部門マネージング・ディレクター、グイド・テレーニ。女優スー・チー。ブルガリ グループCEO ジャン-クリストフ・ババン。女優オリヴィア・ワイルド。モデルでありアーティストのディヴィッド・アレキサンダー・フリン。


センスとパワー、デザインと生命感、





現代ウォッチメイキングの多様な背景の中でブルガリは、デザイン、技術、クラフツマンシップへの特異なアプローチにより、型を破り、業界のルールや常識を書き換え続けている。
今年のバーゼルで発表されたピースはブルガリの価値観をみごとに具現化しただけでなく、さらなる未来への可能性を切り開いたものと言えるだろう。





#OCTO

#SERPENTI

#LVCEA

#BREAKTHEMOLD

#BORNTOBEGOLD

#BVLGARIWATCHES

#BVLGARIBASELWORLD



【お問い合わせ先】
ブルガリジャパン株式会社
TEL.03-6362-0100

マーケティング&コミュニケーション部PR