マニュファクチュール・ロワイヤルのビスポークワークショップ~色がオート オルロジュリーとなるとき

 From : Others (その他)

マニュファクチュール・ロワイヤル・ビスポークワークショップ
色がオート オルロジュリーとなるとき



マニュファクチュール・ロワイヤルのロイヤル・ビスポークワークショップは2018 年初めに発表されました。
それ以来、顧客、コレクター、小売業者からの需要に加え、マニュファクチュール・ロワイヤルのCEO であるDavid Gouten と、ブランドに忠実な「クリエイティブウオッチメーカー」であるJérôme Marcu の二人のイマジネーションの結果としても成長を続けています。
時間というものに個人的な感覚を与えることを考え、ロイヤル・ビスポークワークショップは、ブランドのパーソナライズパレットの中から、驚くべきユニークな配色で時計とそのコンポーネントを昇華させることを実現しました。



ファーストクリエーション
Androgyne gold : アンドロジーン ゴールド

2019 年春、マニュファクチュール・ロワイヤルはまず初めにゴールドという素材で純粋性と威厳を象徴し、また、ブルーカラーで無限性と知恵を表現することを考えました。
ロイヤル・ビスポークの時計は、柔らかさを備えたゴールドカラーの43mm のケースに、繊細な紺碧のCVD 仕上げでそのコンポーネントをドレスアップするスケルトンムーブメントが見えます。
この色味を実現させるために、小さなパーツ一つ一つが金属酸化物の層でコーティングされ、さらに各パーツの異なる厚さのおかげで色の遊びが生まれました。繊細さと技術の融合により、Androgyne コレクションのこの時計は、エスケープホイールとシリコンアンカーで構成されたトゥールビヨン付きの手動式メカニカルキャリバーMR02 が見えるようになっています。
178 点もの部品を使用したこのムーブメントは108 時間のパワーリザーブを誇ります。
ゴールドカラーとブルーカラーは、この春マニュファクチュール・ロワイヤルが発表する上で最良のシンボルとなるのではないでしょうか。

ケース: ピンクゴール -直径43mm, 厚10.20mm
風防: サファイアクリスタルケース
防水性能: 3 気圧防水/ 30m 防水
ムーブメント: 手巻き(Cal, MR02)
石数:17 石
パワーリザーブ:約108 時間
表示機能: 時、分、トゥールビヨン
振動数: 21,600 振動/時
ストラップ&バックル: アリゲーターストラップ、尾錠
予価:911 万円(税抜)





セカンド クリエーション
Micromegas Gold : ミクロメガス ゴールド

物事に対して、自分自身の見方を変えることを躊躇することはないと主張したヴォルテールの作品「Micromégas (ミクロメガス)」の登場人物のように、マニュファクチュール・ロワイヤルは今年2 スピードダブルトゥールビヨンを搭載し、あえて大胆な色使いにしています。
2 つの速度のダブルトゥールビヨン、左のケージは僅か6 秒で完全に回転しますが、右のケージは10 倍遅い1 分間で回転し、時計をより魅力的に見せます。既に類を見ないユニークなこの時計に更に色のタッチを加えることで、決してターンを見飽きることのない最も貴重なタイムピースのうちの1 つとなるでしょう。
文字盤には手塗りの赤いトゥールビヨンケージで飾られているカーキ色のラッカー仕上げダイヤルが見えます。この特別なラッカー仕上げは、工房で私達の職人のうちの一人により仕上げられました。 文字盤も私達の時計職人が手作業でカットしたものです。
このトゥールビヨンがヴォルテリアン文学「Micromégas (ミクロメガス)」に登場する神話上の登場人物に敬意を表して命名されたということを想起せずにはいられません。
カーキ色や赤色は殆ど使用されてませんが、それがマニュファクチュール・ロワイヤルのユニークな面を美しく表現しています。

ケース:ピンクゴールド
直径:45mm x 11.8mm
ダイヤル: ハンドカット/ラッカー仕上げ
風防: サファイヤクリスタル/リフレクティブコーティング
裏面:サファイヤ、4 箇所ネジ止め
防水機能:3 気圧防水 /30m 防水
ムーブメント: 自動巻き(Cal, MR04)- 直径36mm /高8.7mm
複雑機械式時計:エスケープホイール/シリコンアンカー付きダブルフライングトゥールビヨン-
左トゥールビヨン:1 回転/6 秒、チタンケージ、真鍮フライングバランス
右トゥールビヨン:1 回転/60 秒、チタンケージ、真鍮フライングバランス
パワーリザーブ:40 時間
振動数: マイクロ: 4Hz, 28,800 振動/時 (10RPM) メガ: 3Hz, 21,600 振動/時
石数: 26 石
表示機能: 時、分、ダブルトゥールビヨン
ストラップ: アリゲーター、尾錠
予価:2640 万円(税抜)



【マニュファクチュール・ロワイヤル】
インスピレーションに導かれたウォッチブランド
マニュファクチュール・ロワイヤルの起源は、哲学者であり才気に満ちた企業家でもあったヴォルテールが、ジュネーブ近郊に時計製造工場を創業した啓蒙時代に遡ります。それからおよそ250年が経過した現在、マニュファクチュール・ロワイヤルは、時計製造、魅惑的な歴史、創業者の価値観を自在に表現して、タイムピースに情熱とスピリットを注いでいます。
マニュファクチュール・ロワイヤルは、既存の時計製造とは異なる明確なビジョンを体現していました。1770 年の創業時がそれを示しています。
熱烈な自由主義者であったヴォルテールは、企業家や実業家としても活躍していました。しかし、あまり知られていないこうした活動は、マニュファクチュール・ロワイヤルの創設によりフェルネで日の目を見ます。ヴォルテールは自社のアトリエにおいて、ヨーロッパのエリートや王族を対象に腕時計を製造し、当時では偉業とも言える4000 本ものタイムピースを出荷していました。ジャン=アントワンヌ・レピンを始め、著名な熟練時計職人が製造した「マニュファクチュール・ロワイヤル」の署名の入った腕時計は、ミニッツリピーターなどのソヌリ機構といった最も難しい複雑機構を搭載していました。外装の技術も完璧なまでに極められ、ゴールド製のケースに贅沢なエングレービングが施されたものや、エナメル加工やダイヤモンドがセットされたものもありました。
この時計史において類を見ない起源を武器に、マニュファクチュール・ロワイヤルは2010 年に復活を遂げると、そこでもまた時計製造技術に新たな息吹を吹き込みます。そして、マニュファクチュール・ロワイヤルを率いるアレクシス・グーテン、ディヴィッド・グーテンらの推進力のもとで新たな基盤を固めています。専門分野における膨大なノウハウを持つ彼らは、それぞれの知識を結集して、ヴォルテールの強烈な個性と価値観に着想を得た、新たなスピリットをもたらすタイムピースを生み出しています。
つまり、自由な創造、世界に新たな目を向ける必要性、それを前提とする決意、他と異なる立場に身を置く勇気が方向性を決定付けるのです。
マニュファクチュール・ロワイヤルは、時計づくりに必要な技術的および創造的な能力を有しています。熟練時計職人とそのノウハウによって、技術面および装飾面の品質が保証されています。彼らの技術、ノウハウ、エネルギーを結集し、斬新な解釈を加えたマニュファクチュール・ロワイヤルの腕時計は、大胆さと美しさ、伝統と現代性、情熱と謙虚のバランスが見事に調和しています。



【お問合せ先】
オールージュ
〒105-0001 港区虎ノ門5-11-1 オランダヒルズ森タワーRoP807
Tel. 03-6452-8802 www.eaurouge.tokyo