オーデマ ピゲ 『THE ROOM』~CODE 11.59 の真価を自らジャッジできるプレゼンテーション空間、参加予約受付中!

 By : a-ls

こういうサイトをやっていながらアレなんですが、自分の時計を購入しようとする際に、「書物やネットから得られる情報を参考知識とするのは大いに結構だけれども、それらを鵜呑みにしていてはいけない」(笑)。

時計沼にハマる以前の個人的な体験だが、骨董の陶器を趣味にしていた時期があった。実際あの世界は時計よりもシビアで、保証書なんて付属してないし、製品番号もあるわけなく、それで300年から1000年くらい前のものを、知識とか経験で見分けなければならない。

ということで、まずはいろいろな文献にあたって、さまざまな情報や知識を蓄積する。それはそれで絶対に有益なのだが、でもそれだけを武器に骨董店に出向いても、まず買えない。もしくは勧められるままに買っちゃう。
実品を前にしたとき、相場よりもお安ければ、"お買い得では"的なよこしまな心が目を曇らせたり、"安いのは贋物もしくは瑕疵があるのでは"とかいった不安が首をもたげたりで、得るものは冷や汗ばかり。知識というツールからくる「自信」を、購入にいたる「確信」に変換するには、まだまだ根本的なものが足りないと感じた。

で、どうしたかというと、頭の中の知識に自ら"質疑応答"しつつ、実物を観て、触れて、持って、観て、触れて、持って、観て、触れて、持って、をひたすら心掛け、それが体験できそうな機会に多く接して、そこで出会えた先人・達人の話を聴き、頭の中の知識を検証・更新した。そんなふうに自分と対話しながら、求めるものは何なのか、譲れない点はどこなのかなど、ブレない自分の趣味嗜好をあぶり出していった。

これは時計も同じで、勉強した知識をどう使うのか、どれを捨てどれを容れるかをアップデートしていくには、結局、実機を見まくって、自分なりの審美眼を養っていくしかないと思う。

とはいえ、ブティックや時計店の敷居は高い。。。。という方もいるだろう、そんな方も含め、実機に触れる実に最適な催しが開かれる。


オーデマ ピゲの『THE ROOM』が誕生!
新作「CODE 11.59 by AUDEMARS PIGUET」の謎解きの旅、
3/11より予約受付開始


以前のニュースでもお伝えしたが (https://watch-media-online.com/news/2079/ ) 、約2か月間という長期にわたり、オーデマ ピゲの新作「CODE 11.59 by AUDEMARS PIGUET」を体感できるスペース、『THE ROOM』が銀座にオープンする。
ここではまず、3面の大きなマルチスクリーンで、CODE11.59のイメージを伝える映像を鑑賞。
その後に別室に移動して、新作「CODE 11.59」の実機7~8モデル(当日の状況によってはそれ以上の場合もあるそうだ)をじっくり手に取って見ることができるほか、3Dプリンタで作られたケースとムーブの模型キットによって、さらにリアルなケース構造や、独特の特徴を持つ風防の仕組みを、自らの手で分解・組み立てしながら、理解することができる。

 先日、その『THE ROOM』をひと足早く体験させていただいたので、その模様をお伝えする。
 地下のビデオルームに足を踏み入れると、あたかもオーデマ ピゲの故郷、ル・ブラッシュを訪れたかのような映像に迎えられる。



3面マルチ映像のナビゲーション・キャラクター  


「CODE11.59」のイメージを象徴するようなビデオ・コラージュ。


特別にそのメイン部分を動画でチラっと!!



そして落ち着いた雰囲気の別室にとおされ、いよいよ実機を拝見するのだが、


そこにある3D模型を使って「CODE11.59 」の特徴やケースの斬新さをスタッフが説明もしてくれる。



双曲線が織りなす話題の風防も、この大きさで見ると構造がわかりやすい。






この催しの面白いところは、ごく近くにオーデマ ピゲ・ブティックがあるにもかかわらず、販売スタッフとの接点は全然なく、あくまでも「CODE11.59」のプレゼンテーションに特化している点だ。
2か月間ほぼ毎日、13セッション開催されているので、敷居が高いとか、曜日が合わないとか、プランド主催のイベントへ行けないすべてのエクスキューズを解決し、ノープレッシャーな雰囲気で実機に触れ、疑問点や興味のある個所をじっくりと見たうえで、スタッフに自由に質問もできる。

SIHHでの発表後の露出も多かったことから、大きな話題を集め、賛否様々な書かれ方をされている新作だが、ひとつのラインの発表時に、ユーザーに対してここまでオープン&フレンドリーな企画はかつてなかった気がする。
オーデマ ピゲ自身、自社を代表するドレス系ラインであったジュール・オーデマをすべてディスコンにしての発表という、いわば退路を断っての新作だけに、決戦に向けてその士気は高い。「THE ROOM」はまさに、「CODE11.59」プレゼンの最前線基地だ。その戦線ーー自分の眼でその真価を確かめられる機会に、ひとりの"将"として参戦できるのは素晴らしいことだと思う。

いろいろなニュースを見ると、「発表時はわからなかったが実機を見るとかなり良い」的な書かれかたが多いようだが、"○○さんがそう書いていたから"とかではなく、自分の眼で「良いか悪いか」、「好きか嫌いか」をぜひともジャッジしてみて欲しい!

まずは予約だ!!
予約受付は3/11より開始されている。
3/21(木・祝)~5/24(金)・入場無料  
約2か月間、各日12:00から30分おきに開催。(すでに予約満席のセッションもあるようなので)、
予約は下記サイトからお早めに。
https://www.breaktherules-ap.com/


Follow us on:
Facebook:
https://www.facebook.com/audemarspiguet
Google :
https://plus.google.com/ audemarspiguet
Instagram:
https://www.instagram.com/audemarspiguethttps://www.instagram.com/AudemarsPiguetSavoirFaire
LinkedIn: https://www.linkedin.com/company/audemars-piguet
Twitter:
https://www.twitter.com/AudemarsPiguet
Weibo:
https://e.weibo.com/audemarspiguetchina
Youku:
https://i.youku.com/aptvofficial
YouTube:
https://www.youtube.com/c/audemarspiguet

ハッシュタグ

#APTHEROOM
MODELS :