ファーブル・ルーバ、オフィシャルフレンド、HANAKO&木下紗佑里が、トルコでのフリーダイビング世界大会にてメダル獲得

 From : FAVRE-LEUBA (ファーブルルーバ)


フリーダイビング世界大会(トルコ)にてHANAKO
&木下紗佑里がメダル獲得。
スイス製高級時計ブランド、ファーブルルーバーが記録をサポート。


2018年10月、フリーダイビング世界大会CMAS world championships(開催地トルコ、カシュ)に、ファーブル・ルーバのフリーダイバー、HANAKO(廣瀬花子)と木下紗佑里が出場。HANAKOがFIM種目で銅メダル、木下紗佑里がCWT種目で銀メダル、FIM種目で銀メダル、CNF種目で銅メダルを獲得。
ファーブル・ルーバの腕時計「レイダー・ディープブルー」は二人の全てのダイブをサポートしました。



HANAKO&木下紗佑里。獲得したメダルと、それを支えたファーブル・ルーバの「レイダー・ディープブルー」


2018年10月、フリーダイビングの世界大会CMAS world championshipsがトルコ、カシュにて開催されました。ファーブル・ルーバを身に着け、世界へと挑むフリーダイバー、HANAKO(廣瀬花子)と木下紗佑里が出場し、メダルを獲得しました。HANAKOはFIM種目(ロープを引っ張る)において 86m を記録し、銅メダルを獲得。

木下紗佑里は出場した3種目すべてでメダルを獲得。CWT種目(フィンあり)において96mで銀メダル、CNF種目(フィンなし)において66mで銅メダル、FIM種目(ロープを引っ張る)において 90m で銀メダルを獲得。ファーブル・ルーバの時計「レイダー・ディープブルー」はHANAKO、木下紗佑里の全てのダイブをサポートしました。

 
HANAKO&木下紗佑里。表彰式の様子。


本大会は、CWT(フィンあり)、CNF(フィンなし)、CWT-bifin(二枚フィン)、FIM(ロープを引っ張る)の全4種目が開催される予定でした。しかし、初日の競技中に事故があり、またその後も安全管理上の問題で2日間がキャンセルになりました。その結果、3日間連続でダイブを行わなければならないという非常に厳しい状況となりました。しかし、HANAKO、木下紗佑里ともに素晴らしいダイブを行い、結果を残しました。

 
●試合中のHANAKO。その腕にはダイビングコンピューターとともに、ファーブル・ルーバのレイダー・ディープブルーが身に着けられている。


HANAKOのコメント「私自身初めてのCMAS主催の大会であったことや、事故により競技日がキャンセル続きだったり…と、バタバタな大会でしたが、6月のバハマ大会以来に潜ることができて、来シーズンに向けてもいい経験になりました。今まで挑戦して来なかった種目(CWT-bifin(二枚フィン))もまだまだ潜れそうなことがわかったので、また今後の大会でも上位を狙って挑戦していこうと思います!改めまして、あたたかい応援をありがとうございました。」


表彰式で国旗を掲げる木下紗佑里。

木下紗佑里のコメント「初めての土地とルール、また今までにない大幅なスケジュール変更や、初日のハプニングなどなど…心身ともにかなり乱されてしまいましたが、無事に3種目成功させる事ができました!なんとか3つのメダルを日本に持ち帰る事ができました。海況、環境、トラブル、トレーニング、などでとても厳しい状況でしたが、とても良い経験となり少し自信がつきました。これからも、現状を受け止めそこから出来ることを探して楽しめるようにしていきたいなと思いました。改めましてご声援ありがとうございました。」

 
このトルコでの大会に先立つこと2週間前、スペインのイビザ島で開催された世界大会「Molchanov Grand Prix」にも、ファーブル・ルーバを身に着けて世界へ挑む美しき二人のフリーダイバー、HANAKOと木下紗佑里は出場し、木下紗佑里が銀メダルを獲得しました。
この大会は、数々の世界記録を樹立したロシアの伝説的なフリーダイバー「ナタリア・モルチャノワ」の名を冠する大会で、HANAKOと木下紗佑里は、水温の低い厳しい海況の中、伝説のフリーダイバーに素晴らしいダイブを捧げました。


●木下紗佑里の獲得した銀メダルと、それを支えたファーブル・ルーバの「レイダー・ディープブルー」

2015年8月、女性として世界で初めて水深100mに到達したナタリア・モルチャノワは、イビザ島近くの海で消息を絶ちました。彼女が消息を絶ったこの地において、ナタリアの息子、アレクセイ・モルチャノワが中心となり、伝説のフリーダイバーの名を冠する世界大会「Molchanov Grand Prix」が今年初めて開催されました。

2018年9月20日より3日間に渡り開催された本大会において、彼女のことを尊敬するダイバーが世界中から集まり、素晴らしいダイブを伝説のダイバーへと捧げました。ファーブル・ルーバからはHANAKOと木下紗佑里が「レイダー・ディープブルー」とともに、本大会に出場。水深20mを越えると水温が18度以下になるという厳しい海峡の中、木下紗佑里が見事、総合で銀メダル(CWT2位(=フィンをはいて潜る種目)・CNF2位(=自身の泳力のみで潜る種目))を獲得しました。


●銀メダルを獲得した木下紗佑里のダイブ

また、今シーズンCWTの世界記録を更新したHANAKOもCNFに2年ぶりに挑戦するなど、新たな可能性の片鱗を見せた大会となりました。今回の大会において、厳しい海況に直面した二人のダイバーはどんな海でも潜れるフリーダイバーになるという新たな成長を誓いました。

木下紗佑里プロフィール

2013年:フリーダイビングに出会う
2015年:フリーダイビング世界選手権でアジア人初の優勝
2016年:フリーダイビングでアジア人初の世界記録(CNF72m)
2017年:フリーダイビング世界選手権連覇 、同年、TBS系列ドキュメンタリー番組「情熱大陸」出演
2018年:フリーダイビング世界記録を二度更新。現世界記録保持者(FIM97m)

 

■HANAKO(廣瀬花子)プロフィール

2007年:フリーダイビング公式大会出場
2010年:フリーダイビング世界大会において、日本チームの優勝に貢献
2012年:フリーダイビング世界大会において、日本チームの連覇に貢献
2016年:フリーダイビングで日本新記録を三度更新(CWT)
2017年:フリーダイビング世界記録樹立(CWT103m) -2018年:フリーダイビング世界記録樹立(CWT106m)


 

■レイダー・ディープブルー



(左)Ref 00.10102.08.52.31 木下紗佑里着用モデル、(右)Ref:00.10102.08.13.31 HANAKO着用モデル

ケース :(径)44.0mm  (素材)ステンレススチール
防水性 :300m
仕様  :時間、分、中央の秒表示ディスク、日付表示
価格  :280,800円(8%税込)

 

  

【問い合わせ先】
ファーブル・ルーバ日本総代理店 スイスプライムブランズ株式会社

〒104-0061 東京都中央区銀座1-16-7 銀座大栄ビル5階 TEL 03-4360-866

ファーブル・ルーバ公式サイト
http://favre-leuba.com/jp/


ファーブル・ルーバ日本版サイト
https://www.gressive.jp/satellite_site/favre-leuba/