H.MOSER & CIE.(H. モーザー社)の 3つの VANTABLACK® エディションがいつでもどこでもオンラインで購入可能に

 From : H. Moser & Cie. (H. モーザー)



H.MOSER & CIE.(H. モーザー社)の 3つの VANTABLACK® エディションがいつでもどこでもオンラインで購入可能に


H. モーザー社はこの度、重要なステップとして、顧客により近づくべく、独自の新しいオンライン販売用のプラットフォームを通して直に製品を購入できる機会を提供いたします。このサービスは、厳選したモデルを迅速に提供し、世界中の時計愛好家が昼夜を問わずいつでもモーザーの時計を購入できことを目的として企画されたものです。
H.モーザー社では、このプラットフォームの開設を記念し、衝撃的とも言える美しさを持つ3つのすばらしいモデルを製造しました。いずれも、人工的に製造されたものの中では最も黒いとされるVantablack®をダイアルに使用しています。初めて採用されたブラックの針が、秘密を囁くかのように時を告げます。H.モーザー社が、ロゴもインデックスも排することで、高級時計の世界の核となるのは単なる時間の表示ではなく、人の感情を引き出すことであるということを再び証明しました。




2 つのサイズ(39 mm および XL バージョン 43 mm)から選択可能なこのベンチャー・コンセプト ベンタブラック® ブラックハンズモデル、そしてエンデバー・トゥールビヨン ベンタブラック® ブラックハンズモデルは、ダイアルにVantablack®を採用しています。ロゴもインデックスも排したダイアルに、H.モーザー社ならではのミニマリスズムへの賛歌と控えめな表現が反映されています。超現代的、そぎ落とされたシンプルな魅力、そしてタイムレス。



Vantablack® は、人工的に製造されたものの中では最も黒いとされており、人間の髪の毛の 1 万分の 1 と極めて細いカーボンナノチューブ(筒状炭素分子)で構成されています。この Vantablack® に当たるとその 99.965%は吸収されてしまいます。人間の目で対象物を認識するには光の反射が必要なため、Vantablack® は物質として認識されないブラックホールのような存在になります。
Vantablack® は衝撃や振動には耐性がありますが、非常にデリケートで扱いに注意を要します。この素材を適切に加工するには、H. モーザー社でも構造を整備して特殊な工程を開発する必要がありました。サファイアクリスタルの奥に収まれば、 Vantablack® は金庫に保管されているかのように保護された状態になります。このようにして、存分に存在感を放ち、完璧な黒の持つパワーを遺憾なく発揮するデザインに仕上がりました。



Vantablack® は天体物理学のために開発された革新的な素材でもあり、この分野では望遠鏡、軍事分野では特定の装備のステルスレベルを向上させるための熱迷彩に使用されます。その性能は時計にも遺憾なく発揮されています。
H. モーザー社は、Vantablack® に関する専門技術を駆使して新しい用途を提示し、並外れた時計を作り上げました。この非常に希少なモデルは、革新性と感情に訴えかける力という2つの側面から大きな付加価値をもたらします。ステルスモードに切り替わるかのように、ブラックの針がその秘密を巧みに隠し、着用する者だけに時刻を告げる時計です。エンデバー・トゥールビヨン ベンタブラック® ブラックハンズモデルでは、この効果が DLC コーティングを施したステンレススチール ケースによってさらに際立っています。



驚くべきことに、この3つのモデルのストーリーは冗談から始まりました。2019年のエイプリルフール、H.モーザー社は真っ黒なダイアルに真っ黒な針の時計の画像をソーシャルメディアに投稿しました。もちろんこれでは時刻も何もわかりません。ところが、これに興味を持った顧客からの要望が殺到して話題となったため、H.モーザー社としてはその要望を真剣に受け止めざるを得なくなります。最先端のテクノロジーの結晶、時代に左右されないデザインと感情に訴えかける力。
ベンチャー・コンセプト ベンタブラック® ブラックハンズ、エンデバー・トゥールビヨン ベンタブラック R ブラックハンズはこの現代にふさわしい時計です。これらのモデルは H . モーザー社が開設したオンライン販売用のプラットフォームから購入が可能です。オンライン、または正規代理店でぜひご確認ください。 疑う余地のない H. モーザー社スタイルの高級時計です。




【技術仕様】

ベンチャー・コンセプト ベンタブラック® ブラックハンズ
リファレンス 2327-0222
ホワイトゴールド製モデル、Vantablack® ダイアル、ブラック針、ブラックアリゲーター レザーストラップ
4月発売開始 税抜295万円

[ケース]
18K ホワイトゴールド
直径:39.0 mm、厚さ:11.9 mm
ドーム型サファイアガラス
サファイアクリスタルを用いたシースルーのケースバック
「M」で装飾されたリュウズ

[ダイアル]
Vantablack®
ブラックのリーフ型針

[ムーブメント]
自社製手巻きキャリバー HMC 327
直径:32.0 mm(14 . リーニュ)/厚さ:4.5 mm
振動数:18,000 振動/時
29 石
パワーリザーブ:約 3 日間
秒停止機構
歯車とカナはすべてにモーザー独自の歯型を採用
手作業による仕上げと装飾が施されたムーブメントおよび部品
モーザー製テンプおよびオリジナルのシュトラウマン ヘアスプリングR

[機能]
時針および分針
ムーブメント側のパワーリザーブ表示

[ストラップ]
手縫いのブラックのアリゲーター レザーストラップ
Moser ロゴが刻印された 18K ホワイトゴールドのピンバックル





ベンチャー・コンセプト ベンタブラック® ブラックハンズ XL
リファレンス 2327-1213
ステンレススチール製モデル、Vantablack® ダイアル、ブラック針、ブラ ック アリゲーター レザーストラップ
入荷未定 税抜290万円

[ケース]
ステンレススチール
直径:43.0 mm、厚さ:11.9 mm
ドーム型サファイアガラス
サファイアクリスタルを用いたシースルーのケースバック
「M」で装飾されたリュウズ

[ダイアル]
Vantablack®
ブラックのリーフ型針

[ムーブメント]
自社製手巻きキャリバー HMC 327
直径:32.0 mm(14 . リーニュ)/厚さ:4.5 mm
振動数:18,000 振動/時
29 石
パワーリザーブ:約 3 日間
秒停止機構
歯車とカナはすべてにモーザー独自の歯型を採用
手作業による仕上げと装飾が施されたムーブメントおよび部品
モーザー製テンプおよびオリジナルのシュトラウマン ヘアスプリングR

[機能]
時針および分針
ムーブメント側のパワーリザーブ表示

[ストラップ]
手縫いのブラックのアリゲーター レザーストラップ
モーザーのロゴが刻印されたステンレススチールのピンバックル



エンデバー・トゥールビヨン ベンタブラック® ブラックハンズ
リファレンス 1804-1206
ブラック DLC コーティング ステンレススチール製モデル、Vantablack® ダイアル、ブラック針、ブラック アリゲーター レザーストラップ、50 個限定製造
入荷未定 税抜840万

[ケース]
ブラック DLC コーティング ステンレススチール
直径:42 mm
厚さ:11.6 mm
サファイアクリスタルを用いたシースルーのケースバック

[ダイアル]
Vantablack®
ブラックのリーフ型の時針および分針

[ムーブメント]
自社製 HMC 804 自動巻きキャリバー
直径:32.0 mm(14 1/4 リーニュ)
厚さ:5.5 mm
振動数:21,600 振動/時
ラチェット式両方向自動巻きシステム
18K レッドゴールド製ローター、H. Moser & Cie. ロゴの刻印
パワーリザーブ:約 3 日間
オリジナルのダブルヘアスプリング
6 時位置のミニッツ フライング トゥールビヨン、ブラック PVD コーティングのスケルトン加工ブリッジ トゥールビヨン ケージ、ガンギ車、テンプ ブリッジ、脱進機ブリッジは航空産業で採用されるアルミニウム製

[機能]
時針および分針

[ストラップ]
手縫いのブラックのアリゲーター レザーストラップ
モーザーのロゴが刻印されたブラック DLC コーティングのステンレススチール製フォールディングバックル



H. MOSER & CIE.(H. モーザー)
H. モーザーは Heinrich Moser により 1828 年に創設されました。ノイハウゼン アム ラインファルを拠点とするこのブランドは現在、約 60 名の従業員を擁し、14 つの自社製キャリバーを開発し、年間に 1,500 個以上の時計を製造しています。H. モーザ ーは自社製品に使用する調速機構やヒゲゼンマイなどといった部品を自社内で製造する希少なマニュファクチュールです。それらの部品はパートナー企業にも供給されています。H. モーザーはモーザー家の人間を名誉会長とし、Heinrich and Henri Moser 基金の代表に迎えるという栄誉に浴しています。Heinrich Moser の子孫たちに設立された Moser 基金は、一族の歴史を維持するために機能しており、Heinrich Moser 家が住まうシャルロッテンフェル城に併設の Moser 博物館に収蔵すべき昔のモデルの収集といった役目も担っています。時計製造に関するノウハウとこの分野での専門技術に裏打ちされた MELB HoldingはH. モーザー、Hautlence という企業を擁するに至っています。MELB Holding は伝説的なジュウ渓谷を拠点とする家族経営の独立系グループです。