セイコーエプソンが創業80周年を記念し『エプソンミュージアム諏訪』をオープン~創業時からの理念や歴史をひもといたスペシャルサイトを同時オープン

 From : Others (その他)


セイコーエプソン創業80周年 これまでの歩みを紹介する『エプソンミュージアム諏訪』をオープン~創業時からの理念や歴史をひもといたスペシャルサイトを同時オープン


セイコーエプソン株式会社(以下 エプソン)は、創業80周年を機に、エプソンの歴史や過去からの製品を知ることができる『エプソンミュージアム諏訪』を本社事業所(長野県諏訪市)に開設します。1945年10月に竣工した当時の社屋である歴史的建造物を「創業記念館(以下 記念館)」として改修し、2022年5月18日より一般公開します。


エプソンは、1942年5月にその前身である有限会社大和工業の創立から始まり、今年で創業80周年を迎えました。創業以来、エプソンは、ものづくり企業としてのDNAを受け継ぎ、発展してきました。ウオッチ開発で超微細・精密加工技術を磨きあげ、これを多彩な分野に展開したことが躍進につながりました。

このたび、当時の史実・製品とそれにまつわるストーリーに触れていただくことを目的に、現存する創業時代の建物を改修し、記念館としてオープンします。



記念館は、創業時から社屋が実際に使用されていた1970年代までの歴史を紹介します。機械式時計の技術や技能から、世界初のクオーツウオッチ、エプソンブランドの由来となった小型デジタルプリンター「EP-101」など、エプソンが創業以来培ってきた「省・小・精の技術」とその背後にあるストーリーをご覧いただけます。

また、従来あるものづくり歴史館も改装を行い、『エプソンミュージアム諏訪』では、記念館とものづくり歴史館の2つをご覧いただけます。


●当時の機械式時計や加工機などの展示(左)と、持ち運びできるサイズに小型化した水晶時計の展示(右)


さらに、創業時からの理念やこれまでの歴史をひもといた「セイコーエプソン創業80周年スペシャルサイト」もオープンします。
https://80th.epson.com 

エプソンは、創造と挑戦を繰り返すことによって80年という時を刻むことができました。これからもさまざまな社会課題を解決し、「持続可能でこころ豊かな社会」の実現に向けて取り組んでまいります。


【エプソンミュージアム諏訪概要】
創業記念館
[主な展示内容]
・創業当時の生産風景
・機械式時計とその技術・技能の進化
・クオーツウオッチ開発に至るストーリー
・小型デジタルプリンターの誕生と発展 など

ものづくり歴史館

[主な展示内容]
・創業時からの製品・技術の変遷
・長期ビジョン「Epson 25 Renewed」の紹介
・エプソンが取り組む5つのイノベーション
・プリント体験コーナー など

所在地 :長野県諏訪市大和3-3-5
オープン日 :2022年5月18日
お申込み :事前予約制
※以下のホームページからお申込みをお願いします。
www.epson.jp/company/manufacturing_museum/