「Orient Star」から「Moving Blue~世界をつなぐ感動の青~」をテーマとした2022 年数量限定モデルが登場

 From : Others (その他)



「Orient Star」から「Moving Blue~世界をつなぐ感動の青~」をテーマとした2022 年数量限定モデルが登場



エプソンは、「Orient Star」から世界をつなぐ空や海の色をイメージしたMoving Blue のテーマのもと、第3弾となる数量限定モデルを2022年9月22日に発売します。今回のモデルは、コンテンポラリーコレクションの『モダンスケルトン』と『セミスケルトン』、そしてクラシックコレクションの『セミスケルトン』レディースモデルの3 種類。夜明けの海の光景を思わせる新しいデザインを用い、裏ぶたに限定シリアルを刻む特別仕様の逸品です。



テーマとなるMoving Blue は、世界の多くの人にオリエントスターを着けていただきたいという想いから始まり、世界をつなぐ空や海の色を3 種類のモデルに共通のダイヤルカラーとして採用しています。
夜明けの海辺をイメージした今回のデザインでは、3 種類のモデルに日が昇った直後の海と空の美しい光景が表現されています。ベゼルや針、インデックスを彩るピンクゴールドの色は太陽の温かい光を、文字板中央のグリーンから外側のネイビーへと展開するグラデーションの色彩は波打ち際のエメラルドグリーンと空のダークブルーを象徴しています。

コンテンポラリーコレクションの『モダンスケルトン』は、グリーンの濃淡によってメリハリのあるダイヤル表示が引き立ち、スポーティーなデザインにエレガントな味わいを加えます。世界数量限定900本(国内300本、海外600本)。また、グリーンとピンクゴールドの組み合わせは、シンプルな『セミスケルトン』を一段とスタイリッシュに見せています。世界数量限定600 本(国内250 本、海外350 本)。そして今回加わるクラシックコレクションの『セミスケルトン』レディースモデルは、これらとペアで楽しめます。世界数量限定300 本(国内150 本、海外150 本)。

3タイプのモデルにはプレステージショップ限定モデルも準備しており、『モダンスケルトン』250 本、『セミスケルトン』200 本、『セミスケルトン』レディースモデル150 本は、それぞれメタルバンドと替えバンドがセットで付いています。


【概 要】
モダンスケルトン
発売予定日 :2022年 9月 22日
[主な特⾧]
10 気圧防水、パワーリザーブ表示機能、秒針停止装置付き、24 石、ルミナスライト、シースルーバック

品番 :RK-AV0120L
希望小売価格:103,400(94,000+税)
限定 :限定900本(国内 300 本・海外 600 本)


品番 :RK-AV0121L
希望小売価格:104,500(95,000+税)
替え皮革バンド付き
オリエントスター プレステージショップ 限定モデル
限定:プレステージショップ限定 250 本

[共通仕様] 
ムーブメント :自社製キャリバーF6F44 自動巻き(手巻き付)
駆動時間 :50 時間以上
精度 :日差+25 秒~-15 秒
ケース素材 :ステンレススチール(ベゼル:ピンクゴールド色めっき)
ケースサイズ :縦 49.0mm / 横 41.0mm / 厚さ 12.0mm
ケースバック :限定およびシリアルナンバー刻印
ガラス :表=サファイアクリスタル(AR コーティング)、裏=無機ガラス
バンド :ステンレススチール(SUS316L)/ プッシュ三つ折式(中留) /幅 21mm
ダイヤル色 :グリーングラデーション



『セミスケルトン』
RK-AT0015L
79,200(72,000+税) 
限定 600 本(国内250 本・海外 350本)


RK-AT0016L
 83,600(76,000+税)
替え皮革バンド付き
オリエントスター プレステージショップ 限定モデル
プレステージショップ限定 200 本



『クラシックセミスケルトン』
RK-ND0017L
62,700(57,000+税)
限定 300 本(国内150 本・海外 150本)



RK-ND0018L
64,900 (59,000+税)
オリエントスター プレステージショップ限定モデル
限定 150 本

■記載の価格はメーカー希望小売価格です。




[オリエントスター]
オリエントスターは、デザイン、パーツ、製造すべての点で「輝ける星」と呼ばれる機械式時計を作りたいという想いを込めて 1951 年に産声を上げました。1957 年には中心軸に時・分・秒の 3 針をセットした「オリエントスターダイナミック※」、1971 年にはオリエントスターを支える実用的で高精度の基幹ムーブメント「46 系」が誕生。さらに 1991 年には上質感や審美性を追求したスケルトン「モンビジュ※」を発表、1996 年には今やオリエントスターのアイコンとなるパワーリザーブインジケーターを装備するなど、国産機械式時計にオリジナリティーあふれる世界を展開してきました。オリエント時計株式会社は 2017 年に革新的な設計や開発によって腕時計の歴史に数々の業績を樹立するセイコーエプソン株式会社と統合。互いの匠の技と独創的なデザイン、高度な先端技術を融合して新たな飛躍の基盤を作り上げました。同年にはその象徴的なモデルとして宇宙の時を刻む機械式時計「メカニカルムーンフェイズ」を発表し、「着ける悦び」「魅せる喜び」「繋ぐ慶び」という 3 つのよろこびを体現する新生オリエントスターの時計作りが幕開けを告げました。オリエントスターは 2021 年に 70 周年を迎え、さらに輝き続けるブランドとして、技術面とともにデザインを進化させていきます。持続時間の向上と美しさを兼ね備えたシリコン製がんぎ車を搭載する先端ムーブメントを導入した 「スケルトン」では、「宇宙」を感じるモデルやモチーフを取り入れました。「NOWHERE, NOW HERE(どこにもないもの。それがいま、ここにある。)」のチャレンジは続きます。伝統的な職人技を発揮した精緻なものづくり、最新の自社一貫体制による高品質の機械式ムーブメント、そして独創的なデザインが一つになった、まさにここでしか手に入らない MADE IN JAPAN の逸品を、オリエントスターは日本のみならず海外にも積極的に発信していきます。