ファーブル・ルーバ、『仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』に登場の50年前のダイバーズウォッチを特別展示

 From : FAVRE-LEUBA (ファーブルルーバ)


『仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』に

登場するスイス製の50年前のダイバーズウォッチの特別展示



※記事中の『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』画像は「ジオウ&ビルド」製作委員会
Ⓒ石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映


平成仮面ライダー20作記念、映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』において、スイスの歴史ある時計ブランド「ファーブル・ルーバ」が自社で保管している50年前のダイバーズウォッチ「ディープブルー」(非売品)を提供させていただきました。このモデルは世界的なオークションでもほとんど見かけることのない幻のモデルであり、「時計」がモチーフの作品の世界観にリアリティをもたらします。
また、劇中ではTVシリーズに引き続き、主役の常磐ソウゴ(演:奥野壮)が同ブランドの「レイダー・シーキング」を着用しています。
これらの腕時計はタカシマヤ ウオッチメゾン 東京・日本橋にて現在、特別展示中です。(2019年1月6日(日)まで)


■50年前のダイバーズウォッチ「ディープブルー」(非売品)

ファーブル・ルーバのディープブルーシリーズは1963年にファーストモデルが発表されて以後、高い防水性を有するダイバーズウォッチとして人気を誇りました。その特徴であるミニマルデザインの文字盤、大きな四角いインデックス、独特の形状の針、オレンジ色の秒針はすべての局面において、優れた視認性を発揮しました。2016年にはそのコンセプトとデザインを継承する後継モデル「レイダー・ディープブルー」が発表され、現代でもその歴史は継承されています。

劇中に登場するディープブルーは、現在の一般的なダイバーズウォッチと違い、潜水時間(分)を測定する逆回転防止ベゼルがありません。
風防の中にある文字盤外周の目盛りが回転リングとなっていて、リューズによってのみ操作可能でした。(潜水時間の測定時は、分針の先を回転リングの三角の部分にあわせ、経過時間(分)を測定します。)
巻き上げのリューズは4時位置、回転リングのリューズは2時位置にありました。
大型の40mm×45mmのスーパーコンプレッサーケースに、自動巻きムーブメントFL1165を搭載。
FL1165は毎時36,000振動、21石、トリオビス緩急微調整装置を有するムーブメントです。FL1165は1970年前後から製造が開始、ア・シールド社のムーブメントをベースとし、ドクサ、ジラールペルゴ、エベラール、ゾディアック、ファーブル・ルーバの5社により共同開発された自動巻きモジュールを有します。また、ベースムーブメントが毎時21,600振動であるのに対し、FL1165は脱進機をモディファイし、毎時36,000振動を実現、高い精度を誇りました。



■常磐ソウゴが着用しているモデル「レイダー・シーキング」(税抜195,000円)
オリジナルモデルは「シーキング」として1956年に登場。
2018年3月に発表された現行の「レイダー・シーキング」は「時の王」をコンセプトとし、伝統あるレトロフューチャーデザインと高い実用性を特徴とするモデルです(ケース径41mm・30気圧防水・自動巻き(ETA2824-2ベース))。大きな四角形のアプライドインデックス、視認性に優れた発光する長短針は実用計器としてのアイデンティティーを体現。ケースはクッションケースに、14角形の風防リングとフルーテッドベゼルを有します。手首の形に合わせてラグが設計されているため、着け心地も快適です。



■ファーブル・ルーバ「ディープブルー」&「レイダー・シーキング」特別展示

場所: タカシマヤ ウオッチメゾン1階

住所: 〒103-0027 東京都中央区日本橋 3-1-8

期間: 12月22日(土)から1月6日(日)まで。(1月1日は休館)

入場: 無料

URL http://watch.takashimaya.co.jp/?site=tokyo

 



仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER

「ジオウ&ビルド」製作委員会 Ⓒ石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映


全国映画館で大ヒット上映中!

http://www.movie-taisen.com/



「仮面ライダージオウ」

毎週日曜日 午前9:00~9:30 テレビ朝日系にて絶賛放送中。

https://www.tv-asahi.co.jp/zi-o/