オーデマ ピゲ、SIHH2018新作の総て!~底知れぬ膨大な新作群を可能な限り実機でレポート

 By : a-ls

現時点で、当WATCH MEDIA ONLINEには、SIHH2018関連記事が50本UPされているが、
その中でも、もっとも多くのアクセス数を戴いているのが、KIH氏による、
「SIHH 2018: オーデマ・ピゲ 実機写真 - 今年もAPの勢いは止まらない!」
というblog記事である。https://watch-media-online.com/blogs/1188/


確かに、今年の(というか、「今年も」と言ったほうが正確なのだが)オーデマ ピゲのブランド・パワーにはすごいものがあり、上記の記事でも、その全貌が明らかになっているわけではないという、圧倒的なヴォリュームの新作が発表されている。

そこでここでは、会場で行われたプレスカンファレンスと会場で配布されたプレスブックを参照しつつ、できるだけわかりやすいカテゴリー別に分類し、かつ、KIH氏blogに未掲載の新作モデルを中心に、可能な限り実機画像で整理していきたいと思う。

まずプレスブックの冒頭で自ら、『WITH MORE NEW WATCHES THAN EVER TO SHOW AT THIS YEAR’S SIHH ~2018 is fizzing with creative energy! (今年のSIHHでは今までにないほどの数の新作を発表~2018年は創造的なエネルギーで満ち溢れています!)』と明記するほど、自信たっぷりな宣言文から始まり、ブランドは、それら新作を以下のように分類して紹介していく。

①まだコンセプト段階だが、厚さわずか6.3mm、世界最薄の自動巻き永久カレンダーを搭載したロイヤル オーク RD#2。
②今年25周年というアニヴァーサリー・イヤーを迎えたロイヤル オーク・オフショアのカテゴリー。
③これは特に力を入れているように感じたレディース・ウォッチのカテゴリー。新しい素材や仕上げを採用したミレネリー、ダブルバランスホイールのオープンワーク、フライング・トゥールビヨンを搭載した女性用のロイヤル・オーク・コンセプト・モデルなど。
④メンズのフライング・トゥールビヨン
⑤クラシックの新解釈というスローガンのもとに、色、素材(異素材のミクスチャ―を含む)、加工、コントラストなどを、様々なリファレンスにおいて縦横無尽に組み合わせた、カラーと創造性に溢れた新作群。


まずは、カテゴリー①のロイヤル オーク RD#2からだが、これはKIH氏のblogでもたくさん扱われているのので、重複を避けるため詳細に関してはそちらを参照していただきたい。
とりあえず画像を。

●41mm径のパーペチュアル・カレンダー。

●発明されたキャリバー5133搭載。上の画像(中央より右)に見える複雑に刻まれたギアによって、月末処理と閏年の処理を一枚のディスクで行うなど、目からウロコの発明を積み重ねて、自動巻きの永久カレンダーとしての世界最薄を実現。

まだ製品化されてはいないが、将来これのブラック・セラミックケース&ブレスとか出たらヤバイかも。


続いて、
ロイヤル オーク・オフショア25周年限定モデル
これもKIH氏blogほか、オーデマ ピゲからのニュースでも紹介済みなので、詳細は当該記事を参照されたい。
https://watch-media-online.com/news/1096/



●新作は45mmと径は大きめだが、思いのほか透け具合はよろしかった!

●25周年記念復刻モデル


また、「カモフラージュ」などのロイヤル オーク・オフショアのバリエーションとなる新作も、当然このカテゴリーに属するのだが・・・、

⑤の括りでも再登場するので、詳細はそこにまとめたい。



そして③のレディース・ウォッチのカテゴリー。
プレスカンファレンスでは、このカテゴリー部分にのみ、わざわざベナミアスCEOが登場。

「この10年、オーデマ ピゲのみならず、時計業界は男性のために時計を作ってきた。これは正当ではなかった」と、これまでの機械式時計=男性の趣味という方向性の変換を宣言。その結果のひとつとして、オーデマ ピゲのプロダクト・マネージャーには女性が起用されているのだということも明かしてくれた。このカテゴリーにおける重要な新作は3つだ。


・ロイヤル オーク  ダブル バランスホイール・オープンワーク

これは2016年に41mm径で発表され、いまもなお注文が相次いでいるメンズ作品と同じキャリバーを使用しつつも、径を37mmという女性向きダウンサイジングしたもの。ピンクゴールド・ケースのモデルと、人気のフロステッド加工を施されたホワイトゴールド・ケースの2種が発表された。時計仕掛けに興味を覚えた女性が、直接的にその深淵を覗くことが出来る作品として、今年のコンセプトを最も象徴的に表現した作品と言えるのかもしれない。

●WGフロステッド・ゴールド



●ピンクゴールド・ケース

女性の腕をお借りしてのリストショット。

●どちらのケースも日本人の細腕にフィットすると感じた。

●41mm径モデルとの比較




・ロイヤルオーク  コンセプト フライング・トゥールビヨン

ロイヤルオークコンセプトの16年の歴史の中で、初のレディースモデルであり、初のフライング・トゥールビヨンでもあるという、"初尽くし”の作品。モデルには2種類あり、38.5mmという理想的な径に、ひとつはブリリアントカット・ダイヤ、もうひとつにはバゲットカット・ダイヤがセッティングされている。
●バゲットダイヤ・セッティング



●ブリリアントカット・ダイヤ・セッティング


●ダイヤ装飾、文字盤部の高低差…ともかく凄すぎます。



レディース部門の最後のひとつは、ポーランド風メッシュ・ブレスや、MOPダイヤル、部分的なフロステッドゴールドなどをミクスチャしたミレネリーだ。
だがこれはすでにニュースとして紹介しているほか、https://watch-media-online.com/news/1126/
KIH氏blogにも詳しいので、実機はそちらを参照していただき、ここでは、ミラノ式(ミラネーゼ)とポーランド式という、2つのメッシュブレスの違いを説明しておこう。


ブレスの目が交差して双方向に「✕」字状に並ぶのがポーランド風。(ミラネーゼは同方向のコイルが縦方向にならぶ)。
これは、下の画像にあるのように、コイル状に細工された貴金属を編み上げていくからなのだ。当然、技術的にもポーランド式の方が難しいとされている。




次なるカテゴリー、④のメンズのロイヤルオーク コンセプト フライング・トゥールビヨン GMTも、KIH氏blogでトップに紹介されているので、ここではちょこっとの扱いで。

ベゼルはブラック・セラミックというコンテンポラリーな素材であり、文字盤デザインも非常にハイテックだ。
新しい世代へ向けた未来志向のタイムピースと言えるのかもしれない。


そして最後のカテゴリーへ!
「クラシックの新解釈」という名のもとに、色、素材(ミクスチャ―を含む)、加工法、コントラストなどを様々なリファレンスにおいて縦横無尽に組み合わせ、カラーと創造性に溢れた新作群を総称するカテゴリーなのだが、これが途方もない数なのである。

やはり25周年ということもあって、オフショアのバリエーションが多いようだが、まずはセラミックの大物!


ロイヤルオーク オフショア グランド コンプリカシオン
ROYAL OAK OFFSHORE GRANDE COMPLICATION

オーデマ ピゲが「グランドコンプリカシオン」を名乗るとき、それは、ミニッツリピーター、パーペチュアルカレンダー、クロノグラフ、スプリットセコンド・クロノグラフという複雑機構の全部乗せを意味する。
44 mmのロイヤルオーク オフショア で、ケースのみならず、プッシャー、リューズ、プッシャー・ガードなどにもセラミックが使われている。バリエーション違いとして、ブラックとホワイトの2色が発表されている。




ロイヤルオーク トゥールビヨン クロノグラフ オープンワーク
ROYAL OAK
TOURBILLON CHRONOGRAPH OPENWORKED

これもスゴイ!
ブラック・セラミック・ケース&ベゼルに、サファイアクリスタルを通して、香箱・テンプ・輪列・トゥールビヨンブリッジ・地板を可視化した、実に最近のAPらしい強力な作品。44mm。

ブラック・ラバ―ベルトのサイドにあしらわれたハイライトカラーには、グレー、ブルー、グリーン、ゴールドの4色があり、お好きな色を選ぶことが出来る。


ストラップ・カラー各色につき25本ずつという、希少な限定モデル。



ロイヤルオーク オフショア 自動巻きクロノグラフ
ROYAL OAK OFFSHORE
SELFWINDING CHRONOGRAPH

KIH氏のblogでは、ピンクゴールド・ケー&ブレスと、チタン・ケース&ブレス(2つともおそらくグレー・ダイヤル)と、カーキ&迷彩色ラバーの「カモフラージュ」が紹介されていたが、このカテゴリーでは、異素材を組み合わせて生まれるコントラストの愉しみを追求した結果なのか、新作のバリエーションは奥が深すぎて、ちょっとヤバイのである。種類が多すぎて、実機写真がないものも多いのだが、とりあえずプレスブック通りに紹介していくことにしよう。

まずKIH氏も掲載していた「カモフラージュ」。これは44mmでSSケースで、ベゼルとプッシュ・ボタンがグリーン・セラミック、さらには迷彩色とカーキ・グリーンのラバーベルトが純正という斬新なもの。




42mmのSSケースに、メガ・タペストリーのインディゴブルー文字盤、それに合わせてリューズ、プッシュボタン、ベゼルにブルーセラミックを配した鮮やかなオフショア。


42mmのチタンケース。メガ・タペストリーのグレー文字盤に合わせたグレーセラミックが、リューズ、プッシュボタン、ベゼルに使われている。



ロイヤルオーク オフショア  ダイバー
ROYAL OAK OFFSHORE DIVER

18Kのピンクゴールド・ケースにチタン・ベゼル、リューズにグレーセラミックというプレシャス・メタルの特性をセンス良く配したスタイリッシュなダイバー。42mm径。




ロイヤルオーク トゥールビヨン エクストラ・シン
ROYAL OAK
TOURBILLON EXTRA-THIN

エクストラ・シンのトゥールビヨン。文字盤にサンバースト模様を採用。プラムカラー・ダイヤルなど3種が発売。41mm径。

ケースのヴァリエーションは右から、SS、ピンクゴールド・ケース、プラチナ+バゲットカット(グラデーション)サファイヤ。





ロイヤルオーク  フロステッド・ゴールド
ROYAL OAK
FROSTED GOLD

人気のフロステッド・ゴールドを施した32mm(オートマチック)と、32mm(クォーツ)の2モデル。




ロイヤルオーク "JUMBO"エクストラシン
ROYAL OAK
“JUMBO” EXTRA-THIN

そしてそして、実はコレが一番注目を浴びている限定モデルだったりするロイヤルオーク"ジャンボ"エクストラシン。
15202がチタンケースにプラチナ・ベゼルという、実に「品」と「筋」のよいスタイルで登場。
あんまりにもカッコ良いので、コレばっか写真撮ってしまった(笑)。39mm。




プチタペストリー模様のスモークブルー・ダイヤル!
プラチナベゼルへの映り込みも美しい!! 世界限定250本。




ここまでかなりのボリュームを紹介してきたつもりが、それでもまだまだ終わりが見えないのが、今年のオーデマ ピゲの勢いの所以なのである!
ロイヤルオーク  クロノグラフのプラチナケース+黒文字盤+PTブレス仕様という渋い作品や、カラフルな37mmのレディース・ロイヤルオーク オフショア クロノグラフ、ロイヤルオークの18Kケースにダイヤベゼルや、色とりどりのダイバーなど、カタログ・アイテムだけでも、まだまだ20種類以上あるのだ。







これに加え、各国のブティック限定など、あまり表に出てこないモデルなどもあったりするので、その全貌を掴むのはホントに困難かもしれない。
(あまり書けないが、日本限定でも超ド級のモデルが存在している! また、プレスブックには明記されていないが、実機の裏にはリミテッド・エディションと書かれたモデルなどもあったので、詳細は正規販売店もしくはブティックにお問い合わせください。)

冒頭で書いた、「オーデマ ピゲのブランド・パワーにはすごいものがある」という意味が、この圧倒的ヴォリュームのレポートで、かなり伝わったのではないだろうか。
だがしかし、これでもまだ一部にすぎないなのだ!

恐るべし、オーデマ ピゲ!!







※実機画像の関係で今回紹介しきれなかった作品はまたいずれかの機会にまとめたい。