A.ランゲ&ゾーネ、「2019SIHHレビュー・イベント(atアワーグラス銀座)」の開催決定!!

 By : a-ls


いよいよ、開催まで1ヶ月を切ったSIHH2019。

各ブランドから、どんな新作(ノヴェルティ)が発表されるのか非常に楽しみなところであるが、個人的に特に注目しているのが、A.ランゲ&ゾーネの新作群である。

『そりゃ毎年ランゲには注目してるでしょ』と言われれば、それはまぁそうなのだが(笑)、
あえて、"特に注目!"と書いたのは、来年が2019年だからなのである!


"ん?"となった方には、今年の流行語を贈りましょう。



ボーっと生きてんじゃねえよ~!

今こそ全てのランゲ・ファンに問います!
来年が2019年である意味も知らずに、やれ『大作は限定ばっかりだな』とか、やれ『ステンレス・スティールを出せ』などと言っている日本人のなんと多いことか(笑)!

A.ランゲ&ゾーネが復興し、最初の4つのコレクション、いわゆるファースト・フォーを発表したのは1994年。

2019 - 1994 = 25

そう、あれから四半世紀が経ち、来年は復興25周年を迎える年なのだ!

つまり来年は、
ランゲ1の25周年であり、
サクソニアの25周年であり、
アーケードの25周年でもあり、
とどめに、"プール・ル・メリット トゥールビヨン"の25周年でもあるのだ!



●1994年に発表された"ファースト・フォー"


というわけで、復興20周年記念時計となった「ランゲ1トゥールビヨン・ハンドヴェルクスクンスト・ブラックエナメル」に匹敵するようなアニヴァーサリー・ウォッチが発表される予感がムンムンするし、しかもそれらはきっと、昔ながらのファンにとって、いろいろと感慨深いモデルになってる予感がヒシヒシと感じられるのだ!


●復興20周年記念モデルとなった「ランゲ1トゥールビヨン・ハンドヴェルクスクンスト(黒エナメル)とランゲ1&リトルランゲ1のセット



ということで、まだ何の確証も得ていないのだが、ランゲのSIHH新作はきっとすごいに違いないという予想のもと、
アワーグラス銀座さんとコラボレーションして、

2019年1月25日~27日の3日間
「SIHH2019 A.ランゲ&ゾーネ レヴュー イベント」
を開催することと相成りました。

ま、この予想自体が空振りに終わったらゴメンナサイ(笑)。
※ちなみに、ランゲ1の20周年モデルの発表も、20年前と同日の10月24日に行われたのでした。
※もちろん新作のサンプル実機は間に合うはずもないので、新作については画像と解説が中心。


しかし、そんな万が一の場合の対応として、わたしの友人たちの所有時計を総動員して、
A.ランゲ&ゾーネの25年を振り返れるような、貴重なタイムピースを大挙展示する予定である。


●これはイメージです


さらに、過去のブログ→https://watch-media-online.com/blogs/1768/ で予告した、
超レアな非買品「1815ステンレス・スティール」の送別会も行ってしまうのだ!!!





この個体は1月末にドイツへの帰国が決まっているので、このイベントが、実機が見られる本当に最後の機会。


さらにさらに、2019年はアワーグラス・グループの創立40周年という節目にもあたるので、それを記念する驚くような発表もあるかもしれない!!!



さらなる詳細は後日アワーグラス銀座から発表されますが、
当サイト読者の皆さまでイベントに参加希望の方を、
WATCH MEDIA ONLINE読者特別枠として、各日20名ご招待します。
特別枠なので、その20名からさらに抽選特典、たとえば「1815ステンレス・スティール」を腕に載せてリストショット撮影ができるとか、いろいろ面白いことを企画中。




特別枠ご招待を希望の方は、このブログのコメント欄に、
「参加希望日・メールアドレス」を非公開コメントとして残してください!




なにとぞ宜しくお願いいたします。