パテック・フィリップ、チャリティー・オークション Only Watch2019に「グランドマスター・チャイム」のステンレススティール・ケースを出品

 By : a-ls

パテック・フィリップが2019年のOnly Watch オークションに、

最初にして唯一の「グランド・マスター・チャイム」

ステンレススティール・ヴァージョンを出品!!



7月1日付で、パテック・フィリップから、2019年度のオンリー・ウォッチへの出品作が発表された。
それもなんと、パテック・フィリップを代表するハイエンド・モデル「グランドマスター・チャイム」の、最初にして、そして唯一の
ステンレススティール・ケース・ヴァージョン!




以下は、パテック・フィリップのオフィシャルサイトに掲載された、英文のリリースよりの抄訳。


パテック・フィリップとして第8回目となるオンリー・ウォッチ・チャリティーオークションの出品にあたり、パテック・フィリップは非常にユニークな新作時計を寄贈します。最初にしてそして唯一の「グランドマスター・チャイム」です。
ジュネーブで製造されるコレクションはもとより、グランド・コンプリケーションに採用されることが極めて稀である、ステンレススティール・ケース製の「グランドマスター・チャイム」です。


パテック・フィリップ社の175周年を記念して2014年に発売された「グランドマスター・チャイム」は、2016年にホワイトゴールド・ケースのバージョンがカタログの正規コレクションとなりました。
この最も複雑なパテック・フィリップの腕時計は、5つのチャイム機構を含む20種類の複雑機能を持ち、そのうち2つが世界初の特許技術です。ひとつは設定された時刻になるとチャイムで知らせるアラーム、もうひとつは鳴らしたい時のみゴングで今日の日付を知らせるデイトリピーターです。
手仕上げのギヨシェ装飾《クルー・ド・パリ》を施したリバーシブル・ケースは、独自の反転機構(特許取得)を搭載しています。


スチールケース以外の部分でオンリーウォッチ2019のために作成されるこの「グランドマスターチャイム(Ref.6300A-010)」が際立っているのは、ローズゴールド製ならびにエボニーブラック製の文字盤で、さらにはローズゴールド文字盤の12時位置のアラーム時刻を表示するサブダイヤルに″The Only One″という文字が書かれている点です。





グランドマスターチャイム 6300A-010

ムーブメント:手巻ムーブメント。 キャリバー 300 GS AL 36‑750 QIS FUS IRM。
チャイム機構隔離(ON/OFF)表示。 第2タイムゾーン。 第2タイムゾーン昼夜表示。 曜日、日付(文字盤両面)、月、閏年を指針表示。 4桁の年を窓表示。 24時間時・分表示。 リュウズの位置表示(R A H)。

ケース:ステンレススティール仕様。非防水(湿気・埃にのみ対処)。
直径:47.7 mm。 総厚:16.07 mm。

文字盤:時刻サイドはローズゴールド製でゴールドでアプライドされたブレゲ数字インデックス。カレンダー・サイドは18Kソリッド・ゴールド地板にエボニーブラック製 

バンド:スクエアのハンドステッチ・アリゲーター・バンド、カラーはブリリアント・ネイビーブルー。 折り畳み式バックル


ONLY WATCH とは
オンリー・ウォッチ・オークションとは、モナコ大公アルベール2世の発案により、Monegasque Association against Muscular Dystrophy(=モナコ筋ジストロフィー協会)によって運営されるチャリティー・オークションで、デュシェンヌ型を含む筋ジストロフィー治療のための研究資金を集めることを目的としています。
2005年以降、2年に一度の隔年で約50社の時計ブランドがユニークピースを提供、その売り上げが同協会に寄付されるという形で、これまでに約4000万スイスフランの寄付が集められました。
今年の出品作品は、9月25日から28日に開催されるモナコ・ヨットショーで初公開され、その後、ドバイ、パリ、ロンドン、ニューヨーク、東京、シンガポール、香港、台北をまわり、11月9日ににジュネーブのフォーシーズンズ ホテル デス ベルゲスに到着、高名なオークションハウス、クリスティーズのハンマーによって、オークションに出品される。



パテック・フィリップのオンリー・ウォッチ出品作であるユニーク・ピースは、過去のオークションでも最高値の落札額を記録している。今年もどのような記録を打ち立てるのか、大きな注目を集めるに違いない。
このユニーク・ピースに関しては、情報が入り次第、随時お伝えしていきます!