「ORIENT STAR」の70周年を記念した新世代の革新的モデル『スケルトン』登場

 From : Others (その他)



「ORIENT STAR」70周年を記念した新世代の革新的モデル『スケルトン』が登場
―シリコン製がんぎ車で70時間パワーリザーブを実現した新開発ムーブメントを搭載―



エプソンは、「ORIENT STAR」70周年記念として、クラシックコレクションの最上位となる『スケルトン』2モデルを2021年3月18日に発売します。1951年に誕生した「ORIENT STAR」は、「輝ける星」と呼ばれる機械式時計を理想に掲げ、伝統的な職人技と最新の時計製造技術とを融合したMADE IN JAPANの高品質時計を一貫して生産し続け、2021年に70周年を迎えました。エプソンは、その「ORIENT STAR」から、「NOWHERE, NOW HERE(どこにもないもの。それがいま、ここにある。)」をテーマに、独自の審美眼と技術を生かした新たなモデルを発表します。その代表となるモデルは、伝統的なスケルトンのデザインと70時間以上のパワーリザーブが備わる新開発の手巻きムーブメントを融合させたクラシックコレクションの『スケルトン』です。


オープンワークのダイヤルからムーブメントの一部が見える『セミスケルトン』と並んで、ムーブメントの地板や部品の骨格のみを残し、内部の機構全体が見えるようにした『スケルトン』は、機械式ならではの表現スタイルとして多くの人に親しまれてきました。そのスケルトンムーブメントも1991年に初めて登場してから今年で30年を迎えます。百数十点に及ぶ精密パーツから成る美しいムーブメントは、長くオリエントスターをつくり続けてきた秋田の地で専任技能者により手作業で組み立てられ、卓越した技術と想いが込められています。新しい『スケルトン』は、クラシカルなデザインに先端技術を駆使した画期的なムーブメントを組み合わせた、まさにオリエントスターの70周年を記念する逸品です。

最新46系F8ムーブメントの自社キャリバーF8B62とF8B63は、現行モデルのパワーリザーブを50時間から70時間に延ばし、実用性をさらに向上させた点が大きな特長です。ゼンマイが完全に巻き上げられた状態で、例えば金曜日の夜に時計を外しても、月曜日の朝まで余裕で動き続けるのです。軽量化と加工精度を向上させたシリコン製がんぎ車を新たに搭載することで、脱進機のエネルギー伝達効率を改善し70時間持続が実現しました。



エプソンの高精細プリントヘッドの製造にも使われているMEMS加工技術を活かし自社開発されたシリコン製がんぎ車は、バネ性を持たせた独自の構造が革新的です。そして、このがんぎ車には、エプソンの半導体の技術が活かされ、ナノメートル単位の膜厚コントロールで光の反射率を調整して鮮やかなブルーを実現しました。スケルトン構造で常に眺められる鮮やかなブルーの渦巻状の形は、70周年のテーマ「宇宙」に通じる天の川銀河を思わせます。

オープンダイヤルから鑑賞できるスケルトンムーブメントにとって欠かせないのは洗練された美観です。長時間駆動と合わせて、極限まで骨組みのみの構造に近づけながらも日差+15秒~-5秒という高精度を実現した新型46系F8ムーブメントは、9時側ムーブメントパーツを二つの尾を持つ彗星をモチーフにした抜き形状にデザインし、ブルーのシリコン製がんぎ車とともにオリエントスターの宇宙観を表現しています。



また、ダイヤル側には渦模様、ケースバック側には波模様という表と裏で異なる切削加工を施し、丁寧に面取した部品も美しい輝きを放ちます。匠の技が冴える手の込んだ仕上げは両面無反射コーティングを施した両球面サファイアクリスタルを通して隅々まで鑑賞でき、高品質ムーブメントの機械式時計を所有する喜びをもたらします。

モデルはシャンパン色ダイヤルにゴールド色ムーブメントとホワイトダイヤルにシルバー色ムーブメントの2種類があり、いずれもケースに高品質ステンレススチールのSUS316Lを用い、手縫いの本ワニ皮革バンドが付属します。



ORIENT STAR
「ORIENT STAR」は、デザイン、パーツ、製造すべての点で「輝ける星」と呼ばれる機械式時計を作りたいという想いを込めて1951年に産声を上げました。1957年には中心軸に時・分・秒の3針をセットした「オリエントスターダイナミック」、1971年には今年50周年を迎えオリエントスターを支える実用的で高精度の基幹ムーブメント「46系」が誕生。さらに1991年には上質感や審美性を追求したスケルトン『モンビジュ』を発表、1996年には今やオリエントスターのアイコンとなるパワーリザーブインジケーターを装備するなど、国産機械式時計にオリジナリティーあふれる世界を展開してきました。2017年には革新的な設計や開発によって腕時計の歴史に数々の業績を樹立するセイコーエプソン株式会社と統合。互いの匠の技と独創的なデザイン、高度な先端技術を融合して新たな飛躍の基盤を作り上げました。同年にはその象徴的なモデルとして宇宙の時を刻む機械式時計『メカニカルムーンフェイズ』を発表し、「着ける悦び」「魅せる喜び」「繋ぐ慶び」という3つのよろこびを体現する新生オリエントスターの時計作りが幕開けを告げました。2021年に70周年を迎えたオリエントスターは、さらに輝き続けるブランドとして、技術面とともにデザインを進化させていきます。持続時間の向上と美しさを兼ね備えたシリコン製がんぎ車を搭載する先端ムーブメントを導入した 『スケルトン』では、「宇宙」を感じるモデルやモチーフを取り入れました。70周年のテーマは「NOWHERE, NOW HERE(どこにもないもの。それがいま、ここにある。)」。伝統的な職人技を発揮した精緻なものづくり、自社一貫体制による高品質の機械式ムーブメント、そして独創的なデザインが一つになった、まさにここでしか手に入らないMADE IN JAPANの逸品をオリエントスターは日本のみならず海外にも積極的に発信し続けています。


【オフィシャル サイト】
https://www.orient-watch.jp/orientstar/