ローマン・ゴティエ、SIHH新作に"隠し玉”的2モデル~極限のユニークピース!

 By : a-ls

ローマン・ゴティエのSIHH新作。
公式の発表では下記にてすでに紹介済みの、
「インサイトマイクロローター・レディー・オパール」(https://watch-media-online.com/news/1960/
のみと思われているようだが、




実はまだまだ珠玉の"隠し玉"が存在していた!


1)
フリーダムコレクション 「ロジカル・ワン ユニークピース」


このユニークピースはナミビアで1836年に発見されたギベオン隕石を用いたメテオライト文字盤が特徴。
18Kゴールドの針の下に見えるメテオライト文字盤には、人の手では再現できないメテオライト特有のものとされる「ウィドマンシュテッテン構造」による独特の模様が見られるという。

これらの模様は、コンスタントフォースのムーブメントのブリッジや地板に、通算30時間の手作業により刻まれた十字のモチーフと呼応している。

43㎜のグレード5チタンのケース、ケースサイドには巻き上げ用のプッシュリューズ。

 

ケース:グレード5チタンケース

文字盤: ギベオン隕石 Namibia 1836

針: 18Kホワイトゴールド

税抜価格: 22’000’000 円


 
さらに怖ろしく手の込んだモデルが隠されていた!

2)  ヘリテージコレクション 「ロジカル・ワン ユニークピース」  




およそ100時間をかけて施されたエングレービング。そのコンセプトはまさに「イースタン(東洋の世界)」!
ケース裏までにも、徹底して手がかかっている。


イスタンブールの光景からインスピレーションを受けたというエングレーヴ紋様は、ヨーロッパから見た東洋であり、時計全体で東西文化の交錯を表現した、素晴らしい作品となっている。


エナメル好きとして見逃せないのは、このブルー文字盤が、非常に高度な技術を必要とされる"マットエナメル"であること!! どうやら、アニタ・ポルシェおばさまの手による焼成らしい。うー、う、美しい。

 

ケース:18Kホワイトゴールド

文字盤: グランフーエナメル(サテン仕上げ、色はブルーラグーン)

針: 18Kホワイトゴールド

税抜き価格: 25’000'000円



渋いグレー系の色味で統一され機械感が満喫できるフリーダム・コレクションと、工芸性を前面に出した華麗なヘリテージ・コレクション。非常に対照的な作品ではあるが、どちらもピース・ユニーク、すなわち世界で1本しか存在しない時計である。

愛好家を唸らせるロジカルワン、実に悩ましい時計だぁ~。





ローマン・ゴティエ お問い合わせ先:
スイス・プライム・ブランズ 03-4360-8669