A.ランゲ&ゾーネ製作 「オデュッセウス」動画に見る4段階、「デザイン」、「仕上げ」、「エングレーヴ」、「組立」編

 By : a-ls

着々と納品が行われてる「オデュッセウス」。

周囲にもオーナー氏が増えてきている。

そんな中、A.ランゲ&ゾーネが「オデュッセウス」に関する動画、Part1~4までをUPしている。

「オデュッセウス」の4段階、その起・承・転・結がここに!!
という見出しでも振れたらカッコイイのだが、デザイン、仕上げ、エングレーヴ、組立・・・と、目で見てもわかる範囲が掘り下げられていて、「ムーブメント設計」とか、「衝撃試験」とか、スポーツ・ウォッチとしての本来的な核心部分は、パート5以降なのか、それともまさかの封印なのか(笑)、ま、いちおうパート4までの全編を貼り付ておく。


また、これに合わせて、本社のオフィシャルサイトでは、「オデュッセウス」のストーリーページがUPされているが、まだ日本語サイトには反映されていないので、これも抄訳で申し訳ないが、引用しておく。






A.ランゲ&ゾーネの「オデュッセウス」は、アクティブなユーザーのための新しい時計シリーズの礎となるモデルです。ケースは比較的高い防水性を備えており、外的要因から保護されています。この分野の時計の中でも特に注目すべきは、職人による完璧な仕上げです。ムーブメントの中に隠された部品まで、贅沢に仕上げられています。さらに、最高の品質を保証するために、ムーブメントは2度組み立てられています。

Part 1: Design  


"オディッセウス "の開発について、A.ランゲ&ゾーネの製品開発ディレクターであるアンソニー・デ・ハース氏は次のように語っています。それぞれの新モデルにおいて、最終的な目標は、"本物のランゲ "と認識されるユニークな時計を作ることです。スポーティでエレガントな初代モデルのコンセプト検討は15年前に始まり、2015年には最終モデルの開発に着手しました。

主演:アントニー・デ・ハース開発部長


アイデアから時計の完成まで 
に関する最初の概念的な検討は、10年以上前にさかのぼります。最終バージョンの開発は4年前に開始されました。ランゲの研究開発チームは、開発者、プロダクトデザイナー、エンジニア、技術者、試作品製作者で構成されており、ビジョンを傑作にするために、情熱と細部へのこだわりを注ぎ込んだ。新しいモデルを発表するたびに、彼らは時計を内側から開発するというアプローチを追求し、最終的には "本物のランゲ "として認識されるようになっています。このように「オデュッセウス」もまた、新たな活動プロファイルのための典型的なランゲの時計です。





Part 2: Finish  



職人的なフィナンシェ - 細部に至るまで
ムーブメントの多くの部分が隠れて見えないにもかかわらず、ほぼすべてパーツが手作業で仕上げられています。この工程には様々な技法が用いられています。車輪や主ゼンマイの香箱などの丸い部分は、グレインやソラリゼーションで装飾されます。フレーム部分にはすべてペルラージュが施されています。ペルラージュとは、回転する研磨機械で作られる小さな雲のような円が重なり合ったものを指します。フレームパーツの輪郭は、エッジに沿って研磨された面取りとは対照的なマットな表面に仕上げるために、円周方向にブラシがかけられています。
4分3プレートの側面には、サファイアクリスタルのケースバックから見えるグラスヒュッテ・ストライプが施されています。ストライプ・パターンの均一な縞模様は、わずかに傾斜して回転する砥石が、部品に沿って直線的かつ平行なラインでガイドされることで作られます。スプリングやレバーの表面は、平行なラインの微細な構造を作るために、多くの場合、直線的に仕上げられています。この仕上げは、研磨紙の上で部品を縦方向にこすることで得られます。







"A.ランゲ&ゾーネの製品開発ディレクターであるアンソニー・デ・ハース氏は、「6人のエングレーバーにより、オディッセウスのバランスブリッジに施された波状のウォーターパターンを6つの異なる解釈で表現することができます」と説明しています。エングレーヴィングのスタイルは、個人のサインのようなものです。ルーペを使えば、波のダイナミックさやカットの深さなどの小さな違いを見ることができます。それは、エングレーバーがバーリンをガイドする力の強さなど、様々な側面によって異なり、ランゲの時計は一本一本が唯一無二の作品となるのです。オディッセウス」シリーズのために特別に作られた波模様は、時計のアクティヴな用途を強調しています。

Part 3: Engraving  


手作業による精製
新しいモデル・ファミリーのために特別に作成されたバランスブリッジの波模様は、手作業で刻印され、それぞれの「オデュッセウス」をユニークなものにしています。個々のエングレービングスタイルは、個人のサインのようなものです。波のダイナミックさとカットの深さ、そしてツール自体が最終的な結果に影響を与えます。そのため、「オデュッセウス」のエングレーバーは、ハンドルやスチールポイントの長さを調整するために、自分たちのビュラン(エングレーヴに使う彫刀道具)を自分たちで研磨しています。何年も経った今でも、彫刻家は、自分や同僚が特定のムーブメントの部品に取り組んだかどうかを見分けることができます。




"2004年からA.ランゲ&ゾーネの製品開発を率いるアンソニー・デ・ハースは、「オディッセウスを製作する際、私たちの時計職人は100分の1ミリの精度で仕事をしています」と語っています。自動巻きムーブメント・キャリバーL155.1データマティックは312個の異なる部品で構成されており、他のA.ランゲ&ゾーネの時計と同様に2度組み立てられています。すべての部品の相互作用を完璧に調整するためには、非常な器用さが必要です。また、美しく装飾された表面に傷をつけないように細心の注意が払われています。たとえそれらが後に文字盤の下に隠れてしまったとしてもです。


Part 4: Assembly  

ムーブメントアセンブリ 
他の全てのランゲ・ウォッチと同様に、「オデュッセウス」も2度組みされています。すべての部品の相互作用を完璧に調整するためには、相当な器用さが必要とされます。複雑な組み立ての初期段階では、異なるサイズの小さな歯車の縦アガキの調整も行われます。この工程では、時計職人は4分の3プレートを何度か取り外して取り付け直し、各ホイールの縦アガキを徐々に最適化していかなければなりません。ムーブメントの組み立てとテストが完了したら、再び完全に分解します。その後、部品の洗浄が行われます。この時点で、4分の3プレートにはグラスヒュッテ・ストライプが彫り付けられます。




ローターの組み立て
「オデュッセウス」のローターは両方向に回転し、一方向に巻かれています。ベアリングには7つのセラミックボールが使用されており、摩擦を最小限に抑えています。ローターの外側の遠心錘はプラチナ製で、5つのブルースチール製のネジで固定されています。中央のセグメントの材料は、黒ロジウム処理されたArcapです。アルキャップは薄くても柔軟性があり安定しているので、ローターには最適な素材です。この部分は美的な理由からブラックロジウム仕上げとなっています。ムーブメントに関して言えば、ローターの組み立ては時計職人にとって最後のステップです。ガルバニック亜鉛メッキの表面は非常に敏感なので、細心の注意が必要です。



ビート調整
時計の精度と安定したレートを確保するためには、テンプの半振動が左右対称であることが重要です。これを実現するのが精密ビート調整です。精密な調整は偏心スプリングで行われます。ドライバーを使って、手彫りのブリッジの偏心を時計回りまたは反時計回りに動かし、インデックス・ポインターの位置を変えます。




ケーシング
文字盤と針は、第二組立が行われた後、ムーブメントの包括的なテストを行った後に取り付けられます。ここでも、傷を防ぐために細心の注意が必要です。磨かれた針は、真鍮の文字盤と同様に非常に敏感です。ムーブメントは、ねじ込み式のケースバックが固定された後、スリー・パーツ・ケースに組み込まれています。この工程では、すべてのパッキンが検査され、潤滑剤が塗布されます。最後に、時計は防水性がテストされます。

 








コロナ騒ぎ前の情報では、この春のW&WG2020で、「オデュッセウス」の新ヴァージョンが出るのではというかなり確度の高いウワサがあったのだが、すべての予定が白紙となっている今、「オデュッセウス・第二章」がどのような展開をみせるのかは、いまだ不透明であるが・・・一日も早い春の訪れと、吉報を待ちたい今日この頃である。