パテック フィリップ 2019年新作 ”実機” 速報!

 By : a-ls



飛行機を降りると、すでに全新作が公開されているじゃありませんかという、バーゼル版″浦島太郎″的出遅れ感を払拭すべく、まずは開幕一日前の、いわゆるプレス・デイのパテック フィリップ・ブースにお伺いした。


今年の新作は、紳士用が10型・10種、レディースが5型・8種、計18種。

ぱっと目が行くところは、YGで登場したクロワゾネのワールドタイム(5231J-001)とか…、




カーキグリーンという表現だが、実際にはもっともっと気品のあるグリーン色を感じるアクアノート(5168G-010)とか…、



ノーチラス・ブルーのダイヤルを得た年次カレンダーとかなどではないかと思う。



ワールドタイムでは、タイムゾーン表記が往年の香港から北京に代わってるじゃないの(!)とか、アクアノートの観音開きD-バックルはもはやアートだとか、それぞれに見どころや驚きはあるのだが、でも、新作をよーく吟味してみると、中でも一番興味深かったのは、トラベルタイム60周年ということを意識して用意された「アラーム・トラベルタイム」、5520P-001ではないだろうか。



パテック フィリップ愛好家であれば、あのミニッツ・リピータから響くような香しいサウンドで毎朝目覚めることができたら、いいだろうなぁと夢想したことは、一度や二度はあるだろう(笑)、そして、それを現実化したのが、こちらだ。

ローカルタイムに準拠した時間を24時間内で設定(12時下の窓の数字が予約タイム表示の時と分)すると35秒間、4Hzのクラッシク・ゴング・サウンドが鳴り響くのだ!
完全な新ムーブによるこの作品、これまでのパテック フィリップ・リピーター系では気遣いも必要だった取り扱いの繊細さを克服した様々な工夫も採用されている。たとえば、アラームが鳴っている最中に針を動かしても、音が止まるだけで壊れない!!!等々、旅の共としての実用性が非常に重視されている。価格も24,700,000円(本体)という、なるほどなもの。

機能的な詳細などは、改めて書きますので、ここでは速報を続ける。

次に渋さを感じたのが、カラトラバ・ウイークリー・カレンダー。


どこかレトロな雰囲気をもつ新たなカラトラバ。しかもステンレス・スティール・ケースだ。
一年を曜日と週で表示する機能を持ち、往年の名キャリバー324をベースとした新キャリバー26-330を搭載している。とはいっても、この週表示機能は自体はモジュールなので、今後は様々なモデルにも、この本体である26-330が積まれていくことになると想像する。



このキャリバーのどこが新しいかというと、3番車に注目してほしい。拡大するとこんな感じ。



3番車が櫛歯状のような構造となっているのがわかるだろうか。
センターセコンドの時計に起こりがちな秒針のバックラッシュ(あがき)による振れを防ぎ摩擦を低減化するため、3番車にはつきものだった摩擦バネに代わるアンチバックラッシュ歯車として開発されたもの。これによって、秒針の振れはもちろん、修理時の部品交換の比率も格段に下がってくると予想される。

前述したアラーム・トラベルタイムもそうだが、今年の傾向として、″壊れないパテック フィリップ″というディレクションに、開発陣の力がかなり注がれているのを感じた。これしたも後日に改めて書こうと思うが、同じ思想ディレクションによって、このカラトラバ・ウイークリー・カレンダーでは巻き芯にも新たな工夫がなされている。価格は3,650,000円(本体)。

もうひとつの傾向としては、さらなるデザインの洗練も感じた。

たとえば、このカラトラバ・ウイークリー・カレンダーではベルトがカーフ。
それによって、クロコとは異なるレトロで軽やかなカジュアル感が演出されている。同様に、クロノグラフ5170の後継機、5172Gのベルトもカーフなのだ。それによって生まれるスタイリッシュな存在感は過去のパテック フィリップのクロノグラフにはなかった個性と呼べるかもしれない。


このモデル、プッシュボタンが丸型なのが個人的には良い!

ま、残る特筆モデルとしては、永遠の憧れ・・・「グランドマスター・チャイム」にブルー・ダイヤルの新作が来たぁ~~。



あと何度か書くつもりなので、とりあえずの速報はこんな感じで″脱浦島″とさせていただきたい(笑)。

後は画像で。



※掲載作品の価格情報を追加しておきます。
価格はいずれも税抜き本体価格です。

・ワールドタイム(5231J-001) 8,030,000円(本体)
・アクアノート (5168G-010)  4,330,000円(本体)
・ノーチラス年次カレンダー(5726/1A-014) 5,010,000円(本体)  
・クロノグラフ(5172G-001)  8,030,000円(本体)
・フライバック・クロノグラフ  (5905R-001) 7,170,000円(本体)
・年次カレンダー・レギュレーター (5235/50R-001) 5,650,000円(本体)

・グランドマスターチャイム 時価 


価格につきましては、かならず、パテック フィリップ正規取扱店でご確認ください。