モリッツ・グロスマン の「タブロイド ニュースペーパー・プレゼントキャンペーン!」のお知らせ

 By : a-ls

"我が陣営"最強の職人集団、モリッツ・グロスマンの究極の仕事ぶりが満載されたタブロイドペーパー!

みんなが大好き「クロノス日本版」の1月号を購入された方であれば、もうすでにご覧になっていると思うが、「クロノス日本版・2020年1月号」の別冊付録として、16ページにわたるモリッツ・グロスマンの特集記事が掲載されたタブロイド・ペーパーが付属している。



●こちらがタブロイド・ペーパーの表紙。

他メディアをガンガン載せて宣伝しちゃうのも、WATCH MEDIA ONLINEのおかしな特徴。
ま、他メディアだろうが何だろうが、良いものは良いわけで、自分自身も紙メディア在住(別ジャンルだけどね)の人間なので、紙メディアにはとてもシンパシーを感じるのである。

というわけで、A3サイズ全面に掲載された全14種のムーブメント・クロニクルや、時計製作の各工程とそこにかかわる担当者の等身大の非常にヒューマンなコメントでつづられる、グロスマン・ウォッチ製造の真髄は、とっても素晴らしい。
人の顔が見える、手作りが感じられる、モリッツ・グロスマンならではの企画ペーパーだ。

広田編集長、載せましたよ~!
さらに言えば、クロノス日本版の発行人の松崎氏とは同じ町内会で、会社帰りに立ち寄るスーパーも一緒なのだ(笑)。




しかしである!

消費税も増税された世知辛いこの師走、なにかと物入りの年末の季節に、このペーパーだけのために大枚をはたけないという方もおられるかもしれないので、モリッツ・グロスマンが立ち上がった。

以下は、モリッツ・グロスマンさんからのインフォメーションである!!

モリッツ・グロスマン タブロイド紙 プレゼントキャンペーンのご案内


この度モリッツ・グロスマンでは、ドイツのグラスヒュッテにあるマニュファクチュールをご紹介するタブロイド紙を作製いたしました。パーツ製造、フィニッシュ、ムーブメント組み立て、さらにはアドミニストレーション部門まで、モリッツ・グロスマンのウォッチメーキングの全てを、それぞれ職人の写真やコメントと共にご紹介しております。
クロノス一月号の付録として製作され、紙媒体の中では最もアナログな新聞紙を使用した、このタブロイド紙を、モリッツ・グロスマン ブティックへお越しのお客様先着100名様へプレゼントいたします。

開放感のある落ち着いた雰囲気のブティックでは、モリッツ・グロスマンの定番商品から稀少な限定品まで心ゆくまでじっくりとお楽しみいただけます。ぜひこの機会にお立ち寄りいただけますことを心よりお待ち申し上げております。


【モリッツ・グロスマン・ブティック 年末年始営業日についてのご案内】
誠に勝手ながら、モリッツ・グロスマン ブティックは、
2019年12月29日(日曜日)より2020年1月6日(月曜日)まで年末年始休業とさせていただきます。
なお、2020年1月7日(火曜日)午前11時より通常通り営業いたします。





ということで、100部が無くなり次第終了となるので、ご希望の方はお早目に!!

そういえば、ご近所の松崎氏には会うたびに「履歴書、いつ送ればいい?」と訊いているのだが、いまだ、ちゃんとした返事をいただけない。。。。来年はよろしくね!!


で、ここからは真面目なお話ですが、当WATCH MEDIA ONLINEのNEWSカテゴリーには、「MEDIA NEWS」というジャンルありますので、他メディアの方からの宣伝告知情報でも、当サイトのユーザーにとってメリットがあるものと判断できれば掲載します。ぜひご連絡ください。