速報! 日本でベールを脱いだモリッツ・グロスマンの2019年新作は、レクタンギュラー・シェイプの「コーナーストーン」!!

 By : a-ls


2019年、モリッツ・グロスマンはバーゼルワールドを欠席する。


その代わりロードショーというスタイル、つまりフッター社長自ら新作を携えて世界各国(Dubai – Tokyo – Hong Kong – London)を回り、その国のメディアそしてユーザーに直接新作をプレゼンしていくという方式を採った。

しかも、各国を回るその都度にニューモデルをローンチしていくというのだ!!

まず第一ケ国目のドバイではGMTが発表された。




そして今日、Tokyo "プレミア"(ロードショウ)が開幕。

詰めかけたメディアの前でベールを脱いだ新作は、レクタンギュラー・シェイプの新作、「コーナーストーン」だった!

まずはブランド発表の動画を!!





搭載されているキャリバー102.3は、このモデルのために設計された新キャリバーで、60時間のパワーリザーブを持つ!
サイズも42mm×29.5mmという、日本向けなジャストなケース。
一説によると、このモデルの製作着手のきっかけは日本ブティックを通じた提案から始まったとのこと。






そしてなんと、世界限定25本で、ドンツェ社製のエナメルダイヤルを搭載したリミテッド・モデルも。


「コーナーストーン」という銘には、レクタンギュラー・シェイプが持つ4つの角を隅石(コーナーストーン)に見立て、さらにそれを発表の舞台とした日本の特徴である四季になぞらえると同時に、モリッツ・グロスマンにとってのマイルストーン・モデルにもなるという、いくつもの想いが込められているということだ。

ここでは取り急ぎ速報をお届けし、
さらなる詳報および、フッター社長も出席した"ロードショー"の模様は追って掲載する予定。
しばしお待ちください。








【モリッツ・グロスマン問い合わせ先】
モリッツ・グロスマン・ジャパン株式会社
東京都文京区小石川4-15-9
Tel: 03-5615‐8185 Fax: 03-5615‐8186
https://ja.grossmann-uhren.com/