MING - デビューモデルが成熟し、進化した - 27.01 発表、すでに2020年分は完売!!

 By : KIH


さて、GWに入り、外出自粛もあり、そろそろ暇で暇でしょうがない、という方も出てきたのではないでしょうか。外出自粛で気が滅入らないようにするには、好きなことに打ち込むことがいいようです。ということで、小生も時計関係のことに時間を使ってますね。インスタとか、昔の写真を整理したりとか。

さて、このMING、過去に何度か紹介したことがあります。かすかに覚えていらっしゃる方もいるかもしれません。例えば;
ウィーンでのGTGで見たのが最初だったか
その後、ベルリンでのGTGでも見かけました
ロンドンのサロンQPで、番外編としてMing氏ご本人とも会いました
で、ちょっと間をおいて、バーゼルで再会し、ちょっと詳しくレポート。
そうそう、オランダの独立系が好きなコレクターも持ってましたね。必須の1本、みたいな感じでした。
そして、去年のGPHGでは、”Holorogical Revelation"賞を受賞

(うーん。考えれば考えるほど、今年はほんとに海外出張に行けてない。当たり前ですが。。)

ということで、日本ではあまり取り上げられていませんが、結構欧州を中心にがんばってるんですよ。

というわけで、今回は、デビューモデルだった17.01を成熟・進化させたモデル27.01が発表されました。


ちなみに、17.01はこういうモデルでした(2019年4月2日のブログよりコピー)。

モデル 17.01






2017年8月発売開始の最初のモデル。値段はUSD900。中身はMiyota。最初のモデルとはいえ、お安くしていたんですね。ダイヤルは、2重のサファイヤで1枚のサファイヤガラスにはデジタルギョーシェを施してるとか。ちょっと不思議な青になっています。ケースは、グレード5のチタン。製造・販売終了(数百本)。

===========================================

で、今回の27.01、まだ現物を見てないですが、まずはプレスリリースを抄訳します(主にGoogle先生)。



デビューウォッチ17.01を進化させたらどうなるだろうか。

継続性と進歩
答えはMING 27.01です。私たちが製造した最初の時計の精神的な後継者であり、構成(両針、手巻き)とネーミングに反映されています。 17.01は私たちにとってランドマークでしたが、生産予算の制約のため、多くの未解決の問題も残されました。 27.01は、汎用性が高く、コレクター中心であり、アクセスしやすい毎日の着用者のコンセプトを重要なステップで進歩させ、適切に私たちの第2世代のデザイン言語を備えた最初の時計です。

デザイン言語2.0
2年半の年月と15のモデルを作った後、Grand Prix d'Horlogerie de Genève (GPHG: ジュネーブ時計大賞)にて受賞の栄誉を勝ち取り、文字通り何百ものデザインスタディが行われました。私たちはエンベロープが包括的に探究され、デザインのMINGらしさが徹底的に進化し、繰り返されたと感じています。以前の時計でこれらの要素の制限をテストした後、MT(訳注: Ming Thein氏、ブランド創立者のイニシャル)はようやく3D CAD(これまでにリリースされたすべての時計は2次元とPhotoshopで設計されました)を学び、夢中になりました:27.01は最初から3Dで作成された最初の時計の1つです。

私たちの核となる要素は、放射状の対称性までさらに昇華しました。読みやすさ; 0マーカー。フレアラグとスムーズなケース遷移; 混合仕上げ; 時計を物理的な寸法が示唆するよりもはるかに深くまたは浅く見えるようにするためのレイヤーの視覚的な不調和。追加のレイヤリングとマテリアルトランジションに加えて、ケースにはフライングブレードラグが組み込まれています。これは、デザイン言語2.0の新機能です。

27.01はまた、2020年に向けて新しい単色フォーカスを導入し、さまざまなワードローブやストラップと組み合わせて使用​​できます。



すべての分野でミニマリズム
高さわずか6.9mmの27.01は、これまでで最も薄い時計です。もっと薄くできたかもしれませんが、剛性と耐久性を維持するために、そうしないことを選択しました。 38x6.9mmのプロポーションにより、驚くべき手首の存在感と、すべての手首サイズでの多様な装着性を実現します。

スリム化の結果はケースとムーブメントに現れています。ケースの周囲から余分な材料が取り除かれ、くぼみがラグを介して伸びています(モノブロックケースバンドの厚さ、またはその欠如を考えると、深刻な機械加工の課題です) )。適切な触感を提供するために、ケースをステンレス鋼のままにすることを選択しました。

27.01が搭載するムーブメントは大幅にデザインが直されたため、おそらくほとんど最初からやり直す必要があります。 ETA Peseux 7001がベースですが、ギアトレインと脱進機のみを保持します。ブリッジとプレートは、マニュファクチュール シュヴァルツ・エティエンヌの厚意により、19シリーズと同じ美観を維持してリメイクされています。上部のブリッジを最大限に開いて可動コンポーネントを展示します。ディスプレイバックには、その背後に見る価値のあるものが必要であるというのが、私たちの信念の続きです。






テクスチャー遊び
私たちのシリーズの中で最もフォーマルでドレッシーなアイテムである27.01は、発光素材を持たない初めての時計です。ただし、マットな表面とブラシをかけられた表面を4つの異なるシルバーシェードで対照的に組み合わせることで、非常に見やすくなっています。要素の質感と高さのこの微妙な変化により、厚みがないにも関わらず奥行きが生まれます。光との相互作用において、27.01はまだ非常にMINGです。

テクスチャーの変化はケースを通して継続します。フロントでは、より軽く磨かれたスチール製のベゼルが中央に移行し、次に文字盤のダークグレーに移行します。側面では、光沢のあるフライングブレードがマットブラスト加工されたくぼみに対してオフセットされ、背面は前面を反映し、ブラッシュドスチールが暗いレリーフエッチングされたテキストの周囲に移行し、最後に黒い動きになります。




ステップアップ
27.01の製造はマニュファクチュール シュヴァルツ・エティエンヌ、ストラップはジャン・ルソー パリ、トラベルポーチはKoji Satoスタジオと再び提携しました。フラッグシップ ウォッチやエントリー レベルの時計など、幅広い範囲で一貫した品質管理基準を適用できることを誇りに思っています。 27.01での洗練と広範なレベルのカスタマイズを考えると、これはブランドにとって興味深い新しい製品であり、17シリーズのコレクターにとっての次のステップであると信じています。



MING 27.01は、www.ming.watchからのみすぐに注文できます。価格は3,950スイスフランで、2020年の生産は125本に限定とします。発送は2020年9月に開始される予定です。

www.ming.watch

MING 27.01仕様:
• 機能:時間と分
•ケース、ダイヤル、針:
o直径38mm、厚さ6.9mm
oステンレス鋼316L
o「フライングブレード」ラグを備えた、研磨、ブラッシュ、ブラストされた表面の組み合わせ
oサファイアクリスタルの前面と背面に両面反射防止コーティング
oメタリックサーキュラーブラッシュドダイアル、マルチトーングレー
oスペーサーリングのないリジッドケース
o 50mの耐水性
o 20mmラグ幅

•ムーブメント:
o MING 7001.M1:新しいブリッジとベースプレートを備えた大幅に変更されたETA 7001
oブラッククロームメッキブリッジおよびプレート
o全風時に約42時間のパワーリザーブ
o動きを5つの位置に調整

•ストラップ:
oジャン・ルソー・パリのスムースカーフバーガンディレザーストラップ
o 20mm幅、クイックリリース付き湾曲バー
o 70 / 120mmの長さ
o第2世代の「フライングブレード」ステンレス鋼バックルを装備

•Studio Koji Satoがクアラルンプールで手作りしたレザートラベルポーチ

•欠陥に対する2年間の保証

•スイス製

•価格
o 3,950スイスフラン
o 2020年9月に出荷が開始される予定
o 2020年の生産は125本に限定

•MINGは、美観と機能性を改善するために可能な限り製品の改善を継続的に目指しています。 このため、最終的な納品前にマイナーな変更を行う権利を留保します



MINGについて:

MINGは、写真家、デザイナー、ビジネスストラテジスト、とりわけ時計愛好家であるMing​​ Theinのリーダーシップのもと、世界中から6人の時計愛好家のグループが結成し、資金を提供する時計ブランドです。合計すると、MINGチームは、ヴィンテージからアバンギャルドまで、優れた時計の収集における80年以上の経験を生かしています。高品質の手頃な価格から6桁の特別に注文された時計まで、広範囲に時計をコレクションしてきたメンバーです。

収集を開始したとき、象徴的な作品がより身近になり、それぞれの購入に真の価値と喜びの感覚が伴いました。 MINGの私たちの目標は、熟考された過程と洗練を細部にわたって示しながら、より多くの視聴者がアクセスできるようにする一連の作品を通じて、この興奮と発見の感覚を取り戻すことです。私たちは自社で製造するのではなく、設計意図と価格の点で最も適切なサプライヤーを使用するやり方で始めました。サプライヤーの大多数は、主要なスイスのブランドとも提携しています。組み立て、調整、テストはスイスで行われ、最終的な品質管理はマレーシアで個人の手によって行われます。

少なくとも3つの機会にジュネーブグランプリ(GPHG)から選ばれたことを誇りに思います。 最初に2018年の19.01がファイナリストとして、次に2019年の17.06でHorological Revelation賞を受賞。そして、Ming Theinと設立メンバーの1人であるDr. Magnus Bosseが2020年にアカデミーのメンバーに選ばれました。

MINGは、新進の愛好家や経験豊かなコレクターのために、ブランドを超えて時計製造の本質を発見したい愛好家と私たちの経験を共有する方法です。 2017年8月のスタート以来、短期間で15モデル以上をリリースしました。

私たちはいつでも仲間の熱狂的なファンからの連絡をお待ちしております。hello@ming.watchまでご連絡ください。InstagramFacebookで@mingwatchesをフォローしてください。

MINGはスイスとマレーシアでの登録商標であり、マレーシアのクアラルンプールにあるHorologer MING Sdn Bhd(1255711-P)がその本社です。

=======================================

ということであるが、個人的な注目は、ムーブメントにPeseux 7001を採用したところです。これは、その昔ブランパンが、7002というモデルを出しており、確かそのムーブメントはPeseux 7001だったと思います。




とてもスリムな、クロノメーター級ムーブです。これを、今回もシュワルツ・エティエンヌがカリカリにチューンしたようですね。大変薄く、かつ高性能なムーブとして、17.01で使われていたMiyotaよりも、値段も上がりましたが、相当のグレードアップと言えます。そして、38㎜というサイズ。マレーシア人のMING(彼もとても細い手首です)には、アジア人の美的感覚がわかるようですね。細い手首にでかい時計ほど、似合う・似合わない/ 好き・嫌いは別として、見るだけでしっくりこないものはありません。

あとは、大変残念なお知らせですが、5月1日にリリースが出され、私にリリースが来なかったので、催促したら「申し訳ない。どういうわけか抜けていた」とのことで、本日(5月4日)になりようやく入手。ウェブサイトに行ってみると、すでに「完売」でして、今年のデリバリー分はもう終わってしまった、ということです。来年も、また作ってくれることを期待しましょう。これで、3950スイスフランはお買い得としか言いようがない・・・。

そのうち、こういうご時世ですので物流が滞っていますからどうなるかわかりませんが、サンプルを借りれたらレビューしたいと思います(いつになるかわかりませんが)。

私も割と最近は確信を持つのに時間がかかるようになりましたが、そろそろこのMINGというブランド、本物かもしれない、と思い始めました。

ちなみに、直売しか彼らは考えていないので、日本の代理店さんが入ってくることはありません。もし、ご興味があって、ご質問などがあれば、お気軽にWMOまでお知らせください(info@watch-media-online.com)。彼らに聞いてみます。と言っても、WMOには一銭も入りませんが(笑)。